今回のテーマは吉田拓郎さんの芸能界引退。「フォークの神様」「フォークのプリンス」などと称され1970年代フォークブームの第一人者として活躍した吉田拓郎さんの功績と名曲の数々について、シンガーソングライター・音楽評論家の中将タカノリと、シンガーソングライター・TikTokerの橋本菜津美が紹介します。

【中将タカノリ(以下「中将」)】 吉田拓郎さんが7月21日放送の『LOVE LOVE あいしてる 最終回・吉田拓郎卒業SP』(フジテレビ)をもってテレビ出演終了、ラジオ番組『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)も12月に終了し、芸能界を引退することを発表しました。一つの時代が終わってしまうんだな……と寂しい気持ちになりますね。

【橋本菜津美(以下「橋本」)】 もう76歳になられるんですね。ご本人は全然老けたイメージがないのですが、一般の同じ年代の人のことを考えると音楽活動を続けることは大変なんだろうなと想像します。

【中将】 何度かご病気をされているようなので、体力的にもおつらいでしょうね。

 ちょっと暗い出だしになってしまいましたが、今回は拓郎さんが日本の音楽にどんな影響を与えた方なのか、その功績を紹介していきたいと思います。

【橋本】 拓郎さんと言えばフォークのイメージですが、どんな背景を持った方なのでしょうか?

【中将】 日本では1960年代にアメリカ音楽の影響でフォークが流行します。1960年代後半になると安保闘争や学生運動、反戦運動の影響で、政治的な主義主張をする楽曲が主流になりました。拓郎さんもそういうムーブメントの中から台頭してきたんだけど、他の人と違ったのは政治とかじゃなくて個人的な恋愛や人生観について歌ったことです。音楽的にも単なる弾き語りだけじゃなくバンドサウンドにこだわり、フォークをポップスに昇華する役割を果たしました。そんな拓郎さんのデビュー曲は1970年の「イメージの詩」。

【橋本】 政治的ではないけど歌詞に強いメッセージ性を感じますね! 淡々とした構成なのに強烈です。

【中将】 字余りになるくらい歌詞を詰め込んだこのスタイルは、当時としても強烈だったみたいですね。それに歌詞がいちいちカッコいいんですよ。「古い船をいま 動かせるのは 古い水夫じゃないだろう」とか……。

【橋本】 カッコいい……名ゼリフですね!

【中将】 この曲ははじめ、広島のフォークサークル「広島フォーク村」のオムニバスアルバムの一曲として発表されるんですが、全国のフォーク関係者に衝撃を与えたそうです。当時、福岡でアマチュア活動していた武田鉄矢さんも「これはかなわない」と、がくぜんとしたと言っています。メッセージ性という点では「人間なんて」(1971)も強烈ですね。

【橋本】 これは知っていました! 初めどこで聴いたのかは忘れましたが「『人間なんてラララ』ってどういうこと!?」ってすごくインパクトがありました。

【中将】 学生運動などがひと段落した時代の若者ならではの挫折感や虚無感を感じる曲ですね。ギターとハーモニカの一発録りみたいなスタイルも熱いです。

 ファンの人たちにも人気のある曲で、1975年に静岡県で開催されたフェス「コンサート イン つま恋 1975」で、朝方のフィナーレに拓郎さんと5万人超の観客が一緒にこの曲を歌うシーンは伝説になっています。

【橋本】 夜通しでフェスやってたんですね! 時代のパワーを感じますね。

【中将】 メッセージ性強めの曲からご紹介しましたが、拓郎さんが一般のリスナーに認知されたのはこの曲だと言われています。1972年リリースの「結婚しようよ」。

【橋本】 「僕の髪が肩までのびて」……何度聴いても印象的な歌詞ですよね。この頃の拓郎さんは実際にロン毛だったんですか?

【中将】 肩まで届くくらいのストレートのロン毛でした。1970年代になって男性の長髪が流行するんですが、そういう自由な世相を反映した歌詞ですね。この年6月に一人目の奥さん、四角佳子(よすみけいこ)さんとご結婚されてi
るので、実際にそういうタイミングだったのかもしれませんが(笑)。ともあれ、この曲は大ヒットになり、オリコン・ウイークリーランキング3位、1972年度年間ランキング14位を記録しています。

【橋本】 これまでの曲に比べて、うんとポップになっていますね。アレンジもカントリーみたいでほっこりします。

【中将】 拓郎さんは学生時代にバンドをやっているし、R&Bやロック、ポップスの知識にも長けた人でした。それまでのフォークは弾き語りに毛の生えたくらいのものが多かったんですが、拓郎さんは本格的にサウンドにこだわり、フォークのポップス化を押し進めます。

 その後、数々のヒットを飛ばし音楽シーンの第一人者になった拓郎さんは、1975年に同じフォークシーン出身の井上陽水さん、泉谷しげるさん、小室等さんらと「フォーライフ・レコード」を設立します。これは現役ミュージシャンがミュージシャンのためにレコード会社を設立するという画期的な出来事でした。

【橋本】 起業されるんですね! すごい!

【中将】 拓郎さんは当時の歌謡、ポップス界の歌手にもさまざまな楽曲を提供しています。森進一さんの「襟裳岬」(1974)、梓みちよさんの「メランコリー」(1976)、石野真子さんの「狼なんか怖くない」(1978)……いずれも大ヒットを記録しました。

 特にキャンディーズとの仕事には熱心だったようで、「やさしい悪魔」(1977)のレコーディングではギター持参でキャンディーズと一緒にスタジオに入り、付きっ切りで歌唱指導したというエピソードが残っています。

【橋本】 キャンディーズって「春一番」(1976)みたいにあっけらかんとした明るい曲が多いのかなと思っていましたが、「やさしい悪魔」はちょっと雰囲気が違いますね。

【中将】 これまでより大人っぽい曲を作ってくれというオファーだったそうですが、メロディーの随所に拓郎節を感じますよね(笑)。

 拓郎さんは楽曲提供にとどまらず、菜津美ちゃんが好きな原田真二さんを発掘してプロデュースを手掛けるなど、プロデューサーとしても音楽シーンに大きな影響を与えています。つくづく多才な方だと思いますが、こういうセンスが、1996年から拓郎さんがKinKi Kidsと司会を務めた『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ)につながっているんでしょうね。僕もリアルタイムでこの番組のファンでしたが、拓郎さんがまだ若いKinKi Kidsにギターや作曲を教えたり、当時シノラーブーム全盛の篠原ともえさんと絡んだり、なにかと刺激的で魅力のある音楽番組でした。最後にご紹介するのはそんな『LOVE LOVE あいしてる』の主題歌だった「全部だきしめて」(1997)の拓郎さんバージョンです。

【橋本】 KinKi Kidsのバージョンしか聴いたことがなかったのでアイドルソングのイメージだったんですが、これを聴くとめちゃフォークですね! でも『LOVE LOVE あいしてる』をもって芸能活動を区切るというのは、よほど番組や共演者のみなさんに思い入れがあるってことですよね。そういう人たちに囲まれた舞台でラストを飾れるって本当に素敵なことだと思います。

【中将】 拓郎さんが6月29日に発売したラストアルバム「ah-面白かった」にもKinKi Kidsのお二人や篠原ともえさんが参加しています。ぜひ多くの方に番組やこのアルバムに接していただきたいと思います。

(※ラジオ関西『中将タカノリ・橋本菜津美の昭和卍パラダイス』2022年7月17日放送回より)