近年「モノよりコト」という意識が高まっている中、今年3月、兵庫県赤穂市にオープンしたカフェがある。『AMAMI TERRACE(アマミテラス)』。伊和都比売(いわつひめ)神社の境内にあり、瀬戸内海が一望できるなどロケーション抜群。ランチやデザートには、地元赤穂名物の塩を使用したメニューがあるのが特徴だ。

 しかしここは一般的なカフェではない。ワークショップを併設した、いわば体験型カフェだ。“食に関するワークショップ”を愉しめる。

 店内のワークショップスペースには、大きな平窯がしつらえられている。この平窯を使用して行われるのが、赤穂の海水を使った「塩作り」。平窯でゆっくり、じっくりと海水を煮詰めて塩の結晶を作る、昔ながらの製法を体験できるワークショップだ。

 ワークショップは平日の水曜〜金曜限定。ランチとセットで、ワークショップ・ランチとも、内容は時期により異なる。

 6月には梅干し作りが行われていたが、7月の時点で公式ホームページには、海洋深層水で完全養殖している香り高いスジアオノリ(すじ青のり)の「板のり」作りと、「おだし(出汁)」の“うまみと香り”体験のワークショップが掲載されている。ランチは、「蟹クリームコロッケランチ」と「豆腐煮込みハンバーグランチ」のいずれかを選択する。

 塩づくりも、月に2〜3回ほど不定期で行われており、今後は「豆腐作り」、冬には「味噌作り」なども予定されているそう。予約は、電話または公式サイトで。(必ず事前に電話で予約状況を確認のこと)

 また、ワークショップエリアに、『塩の味くらべ体験』や『海洋深層水の飲みくらべ体験』コーナーがあるのも珍しい。

 塩はともかく、水の飲みくらべ……。「違いって分かるの?」と思った人にこそ、一度試してみてもらいたい。というのも、水はミネラルの量で味が変わるそうだから。ミネラルの量が多ければ多いほど、味もしっかりとするのだとか。

 そして、塩には“適材適所”があるという。同じ海水から作った塩でも、大粒小粒など、目に見える結晶のサイズで味が異なるのだとか。大粒の結晶の塩は「ステーキ」や「魚料理」などに向いており、小粒の結晶の塩は「ゆで卵」や「天ぷら」と相性が抜群だそう。

 同カフェは、そういった、ミネラルの量が違う水や結晶のサイズなどが異なるバラエティ豊かな塩をそろえており、お気に入りを見つけたら購入できる点も喜ばれているという。

 一方、やはりカフェ。食事やスイーツなどのメニューは、食べておいしいだけでなく、見た目も良いように工夫しているのだそう。

「カレー」や「フレンチトースト」といった通常メニューに加え、日替わりの「ランチメニュー」「季節限定のパフェ」などで客を飽きさせない。旬のフルーツを使用した季節限定のパフェは、時期によって内容が異なるうえ、同じメニューが翌年も並ぶとは限らないとのことだ。

 『AMAMI TERRACE』のワークショップやカフェについては、公式サイトやInstagramに掲載されている。

※ 情報・画像は取材時のものです。

◆鳥居と海が見えるカフェ「AMAMI TERRACE」
【公式HP】
【公式Instagram】
※ワークショップは、1回あたり定員8人。必ず電話で事前確認のうえ予約を。