鉄道のない街、兵庫県宍粟市で鉄道が話題になっている。その名も「しそう夢鉄道」!…と言っても鉄道模型ジオラマの話だが、かける情熱はひとしお。NPO法人しそう夢鉄道理事長の小寺一成氏(65)が、古い街並みの残る同市山崎町山崎に佇む古民家を、一軒丸ごとジオラマ交流館として運営しているのだ。

 そもそもは、同氏が経営するビジネスホテル(同町須賀沢)のロビースペースを有効活用するのに、仲間が集ってジオラマを作ったのが始まり。それが「地域の子どもたちに夢を」と昨年8月に現在地に移り、NPO法人化して一般公開するようになった。

 ジオラマは3種類。昭和の宍粟の街並みをイメージしたもの、欧州の街並みを再現したもの、16両編成の新幹線が走り、空港も配置した大都市風のものを設置している。よく見ると協賛企業のビルもあって、「宍粟市に鉄道があればきっとこんな街になるんだろうな」とうれしい気持ちにさせてくれる。

 見物だけでもOKなのだが、ほとんどの人が自分の電車を持ち込んでの走行会(90分)を楽しんでいる。子どもは交流館の電車を走らせても良い。中には、うわさを聞きつけて東京からやって来た猛者もいたそうだ。

 鉄道関連の本やグッズも展示しており、やはり親子連れが多く訪れる。真剣な眼差しで本当に楽しそうに運転する子どもたちを見ると、「夢鉄道」の名称がまさにドンピシャ。夏休みには親子鉄道ジオラマ教室、鉄道模型入門教室、紙すき体験も開くとのこと。自由研究にも良さそうだ。詳細はホームページで確認できる。

 昨今はJRローカル線の将来が危ぶまれている。自分たちで“鉄道”を通した男たちにはなおさらエールを送りたい。(播磨時報社)