兵庫県内の自治体と観光事業者などが一体となって行う「兵庫デスティネーションキャンペーン(兵庫DC)」(2023年7月〜9月)。そのプレキャンペーンが、「兵庫テロワール旅」と銘打って展開されている。プランの一つとして、西播磨の海の幸をふんだんに用いた「西播磨なぎさ会席」や、パフェをメインにした「パフェ会席」を赤穂市の旅館が提供。近隣施設での塩づくり体験も併せて楽しめる。

 料理を提供するのは『潮彩きらら祥吉』(赤穂市御崎)。

 同メニューは、ハモやアワビを使った同旅館の「夏会席」に、「カキのヴィシソワーズ」(燻製じゃがいもの冷製スープと蒸しガキを合わせた料理)などを追加したもの。

 また、「季節パフェと少量会席」は、本来ならデザートのパフェをメインとした会席で、パフェには、今が旬の桃とマスカットが用いられている。

 プランは1泊2食で、水・木・金曜に実施。JR播州赤穂駅に集合。料金は大人1人あたり1万8,700円(税込、2人1室の場合、金曜は+1,000円)。最少催行人数は6人、最大8人。オプションの塩づくり体験は、近隣にある体験型カフェ『AMAMI TERRACE』(赤穂市御崎)で行う。3種類の塩づくり体験にランチが付いて4,000円(税込)。

 なお、パフェ会席は同旅館の定番メニューで、同旅館でも「夏限定 桃とマスカットのパフェ会席」として展開。入浴付きの昼食プラン(6,600円〜)と宿泊プラン(1万7,600円〜)がある。

 いずれも予約・問い合わせは、潮彩きらら祥吉公式ホームページ、もしくは電話0791-43-7600。