サッカー・J1のヴィッセル神戸は3日、JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝の第1戦をホーム・ノエビアスタジアム神戸で行う。対戦相手はアビスパ福岡、キックオフ予定は午後7時。この試合はヴィッセルのホームゲームでは初の「声出し応援運営検証対象試合」となり、対象のエリアから約2年半ぶりにサポーターの声援が響くことになる。

 今シーズンはアジアクラブナンバー1を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦しているヴィッセル。そのため、ルヴァンカップはグループステージが免除され、プライムステージ(決勝トーナメント)からの出場に。2015年シーズン以来となるベスト4進出、そして、同カップ戦初優勝を目指して、まずはホームの地で最初の90分の戦いに臨む。

 ヴィッセルは7月末から8月にかけて、真夏の酷暑のなか、タイトな日程で連戦の真っ最中。ACLで勝ち進めば1か月間で最大8試合を戦うことになる。「我々はかなりの連戦になり、大会が多く、今年はかなり暑い。この状況で、より多くのメンバーで戦っていくしかない。もちろんケガ人とか、いろんな難しい状況もあり、人数もそろわないが、いるメンバーでなんとかしたい」というのは、吉田孝行監督。チームは総力戦で夏の大事な戦いに挑む。

 そのなかでやってくるルヴァンカップ。チームはいま、J1で17位と苦境を迎えているが、J1残留に最大限努めつつ、「ルヴァンカップを捨てるという考えはない。たとえメンバーが変わっても、前回の天皇杯(4回戦)もそうだったが、自分が勝てる自信があるメンバーを選ぶということは、チームで常に話している」と、指揮官はクリムゾンレッドの選手たちを信じ、必勝を期する。

 そこで期待がかかるのは、ルヴァンカップで注目される若き世代だ。

 その1人、FW小田裕太郎選手(20)は、吉田監督就任後の公式戦全6試合に出場。特長であるスピードと突破力をいかして、チームの攻撃を活性化している。7月30日のJ1第23節柏レイソル戦では、チームは0-1と敗れたものの、再三にわたって相手DFを翻弄し、好機を作っていた。「いつもどおり、自分のプレーや特長を出すことと、結果にはこだわりたい」という2001年生まれのパリ五輪世代のアタッカーには、ヴィッセルでの今シーズン初得点が待望される。

 また、小田選手は2020年からトップチームでプレーしていることもあって、プロ入り後、サポーターの生の大声援や応援歌(チャント)のなかで試合をしたことがないという。「たぶん初めてだと思いますが、すごく楽しみだし、平日ですけどそういうのは関係なしにわくわくはしています。高校生のときとか(トップチームの試合を)観に行ったとき、サポーターの方たちが応援歌だったりを歌っているのを見て、そこでプレーできるのはうらやましいなと思っていたので。プロに入って、それを味わえるのは楽しみです」というクラブ生え抜きのFWが、サポーターの声の力に後押しされてどんなパフォーマンスを見せてくれるのかも見どころだ。

 小田選手のほか、ヴィッセルでルヴァンカップのニューヒーロー賞の対象(2022年12月31日に満21歳以下)となるのは、DF尾崎優成選手(19)とMF日髙光揮選手(19)の今シーズン加入組(※特別指定選手と2種登録選手も対象に入るが、ここでは省略)。どちらもACLグループステージで公式戦デビューを飾ったが、最近では尾崎選手が天皇杯で2試合に先発し、同4回戦ではフル出場でチームの勝利に貢献している。相手の福岡はFWルキアン選手ら身体能力の高いストライカーがそろうが、尾崎選手らに出番が巡ってきた際は、ルーキーらしいハツラツとしたプレーにも注目したい。

 そしてもう1人、ニューヒーロー賞候補ではないが、クラブのアカデミー出身で最近活躍が目立つ若手といえば、FW佐々木大樹選手(22)。こちらはリーグ戦では途中出場ながら吉田監督就任後の全5試合でプレーし、FW大迫勇也選手とともに貴重なスーパーサブとして存在感を発揮。また天皇杯では3試合中2試合でゴールを決めるなど、得点にも絡んでいる。今回のルヴァンカップでも、強気な姿勢でゴールにせまる背番号22からは目が離せない。

 相手の福岡について、「球際の部分であったり、フィジカル面はすごいクオリティーの高いものがある。カウンターで(ボールを)取ってからのショートカウンターなどがすごい印象的」と警戒する佐々木選手。それでも、「相手のカウンターを怖がらずに自分たちのプレーをすることもそうですし、僕たちのやりたいサッカーをして、主導権を握って、相手のやりたいことをやらせないというところを意識してやっていきたい」と意気込みを述べるとともに、「個人的にはやはりJリーグにつなげられるようにゴールというのを常に意識している」と、こちらも小田選手と同様に、チームはもちろん、個人としての結果にもこだわっている。

 若手だけでなく、MF小林祐希選手、MF飯野七聖選手、FWムゴシャ選手といった新戦力の融合をさらに図っていくというところでも貴重な1試合になるであろう、このルヴァンカップ準々決勝。ヴィッセルの総力がいかなるものか、そのバロメーターになる一戦になるだろう。

 そして、小田選手、佐々木選手も「楽しみ」と待ちわびている久々のノエスタでの声出し応援のもと、今月最後のホーム・ノエスタでの戦いで勝利をおさめたいヴィッセル。「ホームでやるというのはすごい(いい)モチベーションになる。内容も結果もいい形で終えて、アウェイに乗り込んでいきたい」(佐々木選手)。