大阪・あべのハルカスの大阪芸術大学スカイキャンパスで開催中の『中村佑介20周年展』を紹介するシリーズ第2回。今回は、“関西在住”と“イラストレーターとしての誇り”、そして、“低き自己肯定感”ゆえに築かれた20周年への思いを軸に届ける。

☆☆☆☆☆

◆「2.5年ぐらいの感覚」だった5年間 そして大阪へ
 大阪芸術大学スカイキャンパスで、前回「中村佑介展」が開催されたのは5年前、15周年のことだった。以降、今展までの間に巡回展として約20か所を回るはずだったのが、新型コロナの影響で、回れたのはたった6か所。自身も心待ちにしていた「金沢21世紀美術館」(石川県)での会も、開催にこそこぎつけたものの、現地が緊急事態宣言発出中だったことから、地元以外からの人が訪れるのは難しい状況だった。

 しかし、画業が止まることはなかった。コロナ禍にあっても、「ワンダーウーマン」や「ゴジラ」など名だたる映像作品や、自身のTwitterのヘッダーにも設定している「浅田飴」などと複数のコラボレーションを実現。それでも「15周年から5年あったのに、2.5年ぐらいしか経っていない感覚」と語る中村氏の様子に、イラストは“絵”でありながら“静物”ではないことを改めて認識した。

 中村氏の作品は、CDジャケットとなり、本の表紙となり、商品パッケージとなり、洋服やグッズとなって私たちの目に触れる。決して一つところに留まりはしない。そんなイラストの誕生のきっかけや創作エピソードに触れられる展覧会は、中村氏の思いをも、人へ各地へと運び届ける存在なのだろう。それが大阪に“帰って”きているのが、今だ。

◆夢の後押し 「イラストレーターの地位向上」も見据えて
 兵庫県宝塚市出身、大阪在住の中村氏にとって、関西ゆかりの仕事は「恩返しできていると感じる」ものなのだそう。展覧会場にも、阪急電車のラッピング電車や宝塚市の観光パンフレット、サッカーJ1のガンバ大阪のグッズ、神戸凮月堂のゴーフルのパッケージ(神戸市立須磨離宮公園がモチーフ)、そして母校・大阪芸術大学関係の作品など数々の作品がそろう。

 なかでも、とくにうれしかったのが「第41回大阪国際女子マラソン」のビジュアルなのだとか。理由は、地元の大きなイベントであることはもちろん、たった1枚の絵であらゆる要素やメッセージを表す“イラストレーター”の本領が認められた感があったからだという。

 一方、2025年に開催予定の日本国際博覧会(大阪・関西万博)の仕事に「何一つ呼ばれていない」ことには「努力が足りないなと思いますね、自分の。関わりたいと思う気持ちはありますね」とまなざしを強くする。さらには半分おどけるように「偉くなって、“虚像”みたいなのを作りたい。みんなが思っている以上に大きなイメージを作りたいですね!」とも。しかし真意に虚栄心は無い。明確な意図を持った発言だ。その意図とは…

「イラストレーターの社会的地位を上げる」

「漫画家だったら手塚治虫さん、野球だったら長嶋(茂雄)さん、プロレスならアントニオ猪木さん…イラストレーターでそういう(世間に確固たる存在として広く認められる)人が出てくると、きっと“イラストレーター”に対する社会のイメージがアップするんですよね。それが僕じゃなくてもいいんです」(中村氏)

 そう考えるきっかけは、これまでのサイン会や講演会で出会った人たちにあった。現役ながら後進のバックアップにも相当な力を注ぐ中村氏。いわく、イラストの道に進みたい希望を持ちつつも、イラストレーターという職業への世間の理解が深まっていないことから、周りに反対されて断念。それでも夢を抱いて努力し続ける人が大勢いるのだと。

 そんな彼・彼女らの努力を実りにつなげる礎として、イラストレーターの社会的地位向上が必要と考えているのだ。

「あと一歩自信がないだけでプロにならない方がたくさんいる印象を持ったので、そこを何とかできないのかなと。(イラストレーターの世界は)新しい才能が出てきたら新しい仕事が増える。(アドバイスは)楽しんでやってる感じ!」(中村氏)

 今や、後進へのアドバイスは中村氏のライフワーク。今年4月には、イラストレーター応援プラットフォーム「GENSEKI」の顧問にも就任し、Twitter上で積極的にクリエイターと交流。今展でも「リアル合評会」を開く。

◆20周年 そして湧き上がる「感謝」
 トップランナー、飛ぶ鳥落す勢い…そう表して過言ではない活躍ぶり。引く手あまたで影響力も大きい。しかし、本人はいたって冷静だ。それは言い換えれば、信念と誇りに裏打ちされた真の謙虚さだろう。

 その中で最近、数年前に描いた作品に「事実と違っていた」箇所を見つけたのを一つのきっかけとして、強く自覚したことがあるという。この20年で関わってきた人たちの存在だ。

 中村氏は、件の作品について「出来上がった時は『どんなもんだい!』くらいにさえ思ってたのが……(間違いがあったと)気付いて恥ずかしい」と打ち明けた上で、こう語った。

「きっとこれまでの20年間、違っているとわかりながら、(決定権のある人との)間に入って(とりなして)くれたり、指摘するとややこしい奴だから(笑)と、抑えてくれたりした人が何人もいたはず。この展覧会で若い頃の作品を観るにつけても、こんな稚拙な技術なのによく受け入れてくれたなぁと思う。『それでも』と認めてくれた人たちがいたということ」(中村氏)

 今展のあいさつ文。中村氏は、幼い頃からの自身の内面と絵との対峙の関係について触れながら、こう記している。

「ほとんどの絵の人物が一人でいるのは、僕のそんな人生を自分で肯定したかったからなのだと思います(中略)ずっと目を逸らしていた横顔の少女がふと額縁の外に目をやると、そこにはずっと応援して下さった方たちがいたことに気付きます。(中略)20周年展。これが僕の成人式なのですね。ご参列の皆さま、ほんとうにありがとうございます」

 プロになって認められても、なかなか上がらなかった自己肯定感。「長く続けるのは難しい」という自覚。だからこそ、恵まれた運や周りへの感謝が膨らんだ20周年。

「20年描かせてもらってるのは幸福なこと。未熟ですよ。まだまだここから!」

 唯一無二のイラストレーターは、もう次への扉を開けている。