「スーツにリュック」「スーツにスニーカー」などなど……昨今、どんどんカジュアルになっていくビジネススタイル。時代とともにファッションは変化するものですが、腕時計ではどうでしょうか? 例えば、「スーツにダイバーズウォッチ」はアリなのでしょうか? 腕時計の使い分けを考える際に参考にしたい「5つのシーン」について、登録者数が6万人を超える「腕時計YouTuber」であるRYさんが、『やさしい腕時計』(ラジオ関西Podcast)で解説しました。

◆腕時計に限らず、スポーティーなものが好まれる昨今

 2010年代後半から、腕時計業界では「ラグジュアリースポーツウォッチ」が流行しています。腕時計に限らず、世の中の工業製品にアクティブなシーンを想定したものが増えていて、自動車業界で、SUV車などのスポーツテイストなモデルが人気となっているのも同じことです。

 実際に、「丸の内(東京都)」や「淀屋橋(大阪)」といったオフィス街では、アクティブさを前面に出した「スーツにリュック」や「スーツにスニーカー」と言ったカジュアルダウンしたビジネススタイルを多く見かけます。

 腕元に目を向けると、「ダイバーズウォッチ」(防水性に優れた腕時計のこと。視認性に優れたインデックスや、目盛りのついた回転ベゼルが特徴)に代表されるような、大きく、ゴツゴツした腕時計=スポーツウォッチが好まれているようです。このスタイルについて、RYさんは「個人的には、ベストな選択とは言い難いが、アリ」とコメントしています。そう考える理由のひとつが、ある映画のワンシーンにあるようです。

◆「ダイバーズウォッチとタキシード」を「常識」に変えた「ジェームズ・ボンド」

「スーツとダイバーズウォッチ」が一般に初めて紹介されたのは、1962年公開の映画「007 ドクターノオ」だと言われています。

 映画のオープニングで、ショーン・コネリー演じる主人公「ジェームズ・ボンド」が、ロレックスの「サブマリーナー」を巻き、水中からパーティ会場へ潜入。潜水着を脱ぎ捨て、サブマリーナーを着けたまま、タキシード姿で爆破作戦を遂行します。

 このスタイルは、1960年代の「ドレスコード(服装規定)」としては完全に「アウト」でした。当時、大きな議論が巻き起こったといわれていて、賛否両論あったようです。ただし、ジェームズ・ボンドは海軍の中佐です。サブマリーナーはイギリス海軍の当時の装備品(ショーン・コネリーの私物を使ったという説もありますが)だったため、この腕時計の選択は決して不自然なものではありません。

 時代は流れ、「スーツにダイバーズウォッチ」をとがめる人は少なくなりました。しかし、1本だけですべてのスタイルに対応できる「万能な」腕時計は存在せず、身に着けるシーンによって、「適するものと、そうでないもの」は現代社会にも存在する、とRYさんは話します。ここで、着ける腕時計を選ぶ際に参考にしたい「5つのシーン」を紹介しましょう。

◆腕時計は5つのシーンに大別される! どのシーンに、どんな時計がマッチする?

 RYさんいわく、メンズファッションで最もフォーマルなのは、タキシードなどに代表される「トップフォーマル」です。次に、銀行員や営業マンなどの、いわゆる“お堅い”方々が着用する「ビジネスフォーマル」、内勤が中心の人に人気の、ジャケパンスタイルなどの「ビジネスカジュアル」へと続きます。それらに次ぐ、デニムにTシャツといった「カジュアル」よりさらにラフなスタイルが、「アウトドア」です。これら5つのシーンを念頭に置くことで、腕時計選びに迷うことは少なくなるでしょう。

 一方、腕時計も様々な種類に分けられます。最も小ぶりで、派手さがないのが「ドレスウォッチ」です。革ベルト(レザーストラップ)が特徴の一つで、文字通り、最もエレガントとされています。次に控えめな印象なのが「3針スポーツ」。ドレスウォッチに負けず劣らずシンプルですが、メタルブレスを備えることで耐久性が上がり、スポーティーな印象です。

 防水性が高い「ダイバーズ」、飛行機の計器のように、メカメカしい「パイロット」、ストップウォッチのついた「クロノグラフ」……これらはいずれも文字盤は大ぶりで、厚みもあるため、トップフォーマルにはそぐいません。ビジネスシーンでは、現代社会では使えなくはないですが、カジュアルな服装の時により、真価を発揮します。アウトドアを楽しむ際には、カシオの「G-SHOCK」に代表されるような、多少の衝撃ではびくともしない、頑丈な時計を素直に選ぶのも一つです。

 前述の通り、RYさんは、すべてのシーンにそれ1本で対応できる「万能時計」は存在しないと話します。しかし、あえて挙げるならば、RYさんも所有する、ヴァシュロン・コンスタンタンの「オーヴァーシーズ」に代表される、「ラグジュアリースポーツウォッチ」が最も近いということです。これらの時計は工具を使うことなくベルト(ブレスレット)をラバーやレザーなどに変えられるものが多く、オフィスでの仕事から旅先でのパーティーまで、様々なシーンでの使用が想定されています。

◆腕時計は「最低2つ」持つといい?

「タキシードなんて着ない」「アウトドアは嫌い」という声も聞こえてきそうです。しかし、腕時計のコレクションがドレスウォッチだけでは、高温多湿な日本の気候を考えると心許なく、使えるシーンは限られます。カジュアルなデジタルウォッチしか持っていないとすると、「少ない機会」ではあれど、人生の晴れ舞台でもったいない思いをすることがあるかもしれません。

 以上のことから、RYさんは「腕時計は最低2本持ち、使い分ける」ことをすすめています。この記事で紹介した、「5つのシーン」を、「2つ以上の時計」でカバーすることを考えると、無駄のない、ベストな選択につながるかもしれません。参考にしてください。

(ラジオ関西Podcast『やさしい腕時計』 #9『スーツにダイバーズウォッチ」って、アリなの!?使い分けるべき「5つのシーン」』より)