吉本興業のお笑いコンビ「紅しょうが」(稲田美紀・熊元プロレス)が火曜パーソナリティを務める番組『Clip』(ラジオ関西、月−木午後2時30分〜)にて、「あなたがしたいのは追いかける恋? 追われる恋?」という話題について議論。兵庫県・神戸市にあるミント神戸にて開催された公開生放送では、多くの観覧リスナーが見守るなか、さまざまな意見が飛び交った。

 はじめに紹介されたのは、会場を訪れた“追いかけたい派”のリスナーからの「追いかけるだけでは辛いけれど、追いかけているときは毎日楽しいし、ちょっと話せただけでもうれしくなる、あの感覚がいい」という意見。続けて、「一生をかけて追いかけたい。何があっても離さない!」という意見も。

 追いかけて、告白をしては振られて、というサイクルを繰り返しているという、自称“追いかけまわす派”の稲田は「これかっこいいなあ。私かな? でもこの書き方はズルズルに泣いてない感じがするから、きっと付き合えている人の意見」と、追いかけたい派のなかでも、結果的に交際にたどり着けるタイプと、できないタイプに細分化されていると分析した。

 同じく“追いかけたい派”だという熊元は、「追いかけるのは勝手にいつでもできるけれど、好きな人から追われることほど貴重なことはない」と、追われたい派の考えにも理解を示した。しかし、初めての交際は男性に追いかけられた末にスタートしたが、別れた翌日には同じ職場の別の女性と交際を始めていたという悲しいエピソードを披露した。

 また、観覧リスナーからは「追いかけるだけ! 自分に魅力はないと思うし……。と言いつつ、告白された人数は4人です!」という回答も。この意見に稲田は「自慢か! 武勇伝やん!」とかみついた。

 当日の観覧リスナーは多くが女性で、追いかけたい・追われたい人の割合はほぼ同率。しかし、番組に届いたメールは追いかけたい派が多数だった。

 そんななか、“追われたい派”だという40代の男性からは、「今まで交際してきた女性は愛情表現がドライで、愛されている実感が薄かったので、スマホの管理をされたり束縛されたりすると、『僕って愛されているなあ』とキュンとする」という意見も。

 このメッセージに、熊元は「こういう人は貴重でありがたい存在だけど、こういう考えの人は別に追いかけたくない」と、複雑な乙女心を明かした。

 また、30代の女性からは「学生時代は、追いかける恋と追われる恋を交互にしてきたが、追いかける恋をするとメンタルが崩壊しがちになる。社会人になってからはいそがしいので、気持ちが安定する追われる恋一択になった」という意見も。

 熊元は「甘いものとしょっぱいものを、交互に食べたくなるようなもんやね」と、食いしん坊ならではの見解を示したが、稲田は「いそがしくても関係ない! 深夜でもめちゃくちゃ走って駆けつけるよ!」と、気合の入った恋愛観を披露した。

 ちなみに、稲田はかつて、当時好きだった男性が体調を崩した際、風邪薬を持って自宅まで駆けつけたところ「持って来んなや」と言われ、号泣して帰ったというエピソードも披露。はじめは「かわいそう」と同情した熊元だったが、実はこの男性は交際相手ではなく、訪問の時間帯も深夜2〜3時ごろだったと発覚し「それは怖いか……」と切り捨てた。

 結局2人は「追うも追われるも、バランスが大切」と結論づけた。

※ラジオ関西『Clip火曜日』2022年8月2日放送回より