現代的な“萌える”美少女ボイスが成立したのは1970年前後? 魅力あふれる昭和の美少女ボイスの持ち主たちについて、シンガーソングライター・音楽評論家の中将タカノリと、シンガーソングライター・TikTokerの橋本菜津美が紹介します。

【中将タカノリ(以下「中将」)】 今回のテーマは昭和の美少女ボイスの持ち主たち。もちろん昭和にも美少女歌手やアイドルは年代ごとに存在するんですが、現代的な「美少女ボイス」という基準で考えると、結構絞られてくるんです。というのも、1960年代までの歌手は演歌はもちろんポップスでも鼻濁音やこぶしをかけた歌い方、声楽っぽい歌い方が主流でした。ザ・ピーナッツとかそうですよね。ようやくその傾向が薄まるのが1970年前後。現代的な“萌える”美少女ボイスの持ち主たちが登場してくるわけです。

【橋本菜津美(以下「橋本」)】 たしかに1960年代の曲だと明らかに声に古さを感じることが多いです。

【中将】 最初期の美少女ボイスの持ち主に五十嵐じゅん(現・五十嵐淳子)さんがいます。セカンドシングルの「ちいさな初恋」 (1971)とかフレンチポップ風のメロディーに乗せた舌足らずなあどけない歌声がとてもいい感じですね。

【橋本】 この声はかわいいですね! 昭和ならではのキュンくるものがあります。歌手をしていらしたイメージはなかったんですが今でもとてもきれいな方ですよね。

【中将】 中学の頃から“学校一の美少女”と言われてたそうです。10代でモデル活動をはじめて1970年に芸能界デビュー。1977年にはドラマ共演がきっかけで中村雅俊さんと結婚されています。まさにスターな生き方!

【橋本】 歌も歌えて顔もかわいいって……欲しいわ(笑)。

【中将】 菜津美ちゃんも十分かわいいと思いますよ(笑)。さて、次にご紹介する美少女ボイスの持ち主はこの方、太田裕美さん。懐メロ番組だと「木綿のハンカチーフ」ばかり挙げられがちですが、デビュー曲の「雨だれ」(1974)もすごくかわいいです。

【橋本】 かわいい! こういう悲しいバラード的な曲って無駄に歌い上げちゃう人が多いけど、太田さんの歌い方は軽くて、ロリボイスを完璧に活かしきっています。

【中将】 太田さんは中学から声楽科に通っていたんですが、同級生からは「変な声」と言われてたそうです。いわゆる声楽的なものとは全然違う、当時としては斬新な声だったんですね。

【橋本】 今となっては声楽的な発声のほうが特殊に感じてしまいますが、当時と今では感覚が全然違ったんですね。

【中将】 太田さんの歌い方は後の世代のアイドル歌手や声優に大きな影響を与えたと思います。ロリボイスの元祖的な存在ですね。

【橋本】 ロリボイス(笑)。でもたしかに太田さんは今、新人で出てきても売れる声だと思います。

【中将】 ちなみに太田さんが芸能界入りした理由は「ザ・タイガースのジュリーに会えるかもしれないと思った」だそうですが、次にご紹介する美少女ボイスの持ち主は郷ひろみさんにあこがれて芸能界入りした松田聖子さん。いろいろ名曲だらけですが「夏の扉」(1981)なんてすごく声の魅力が活かせてますよね。太田さんみたいなロリっぽさはないですが、独特のぶりっ子感があります。

【橋本】 聖子さんの声、大好きです。

【中将】 聖子さんの声質について、数々のスターを発掘した芸能プロデューサーの上条英男さんは著書で「〇ックスの声」と表現しています。

【橋本】 え! え! え!?

【中将】 僕も初めは「なにゆうとんねん!」と思ったんですが、よくよく聴くと確かにそうなのかもなと……。「夏の扉」にしたってサビの「フレッシュ! フレッシュ! フレッシュ!」の高音部とかすごく性的な発声かもと。

【橋本】 何の扉を開いてるんですか(笑)。でも、聖子さんはいやらしい歌い方じゃないのにどこかに女を感じる声ですよね。デビュー当時はすごく清楚な雰囲気だし、見た目と声のギャップに萌えるという要素はあるかもしれません。

【中将】 「〇ックス」と聞くとギョッとしちゃいますが、たしかに歌って性的な要素は欠かせないんですよね。

 さて、次に紹介する美少女ボイスの持ち主は聖子さんと同期デビューの岩崎良美さん。「化粧なんて似合わない」(1982)なんて超絶ウマいし、可愛いし、現代的な感覚でもグッとくるポップスだと思います。

【橋本】 この番組(ラジオ関西『中将タカノリ・橋本菜津美の昭和卍パラダイス』)が始まってからいろんな良美さんの曲を知りましたが、「タッチ」(1985)以外にもとってもいい曲が多いですよね。

【中将】 岩崎良美さんは「岩崎宏美の妹」ということでデビュー当初から知名度バツグンだったものの、楽曲がアイドル的じゃなくシンガーソングライター的な本格ポップスが多かったせいか、なかなか大ヒットが出ませんでした。「化粧なんて似合わない」はそんな悩ましい時期のシングルなんですが、初期に比べると少し可愛い発声を取り入れていてとてもバランスよく仕上がっています。こういう発声の微調整が後の「タッチ」の大ヒットにつながったのかなと思います。

【橋本】 これは私の持論なんですが……女性ってアイドルでわかりやすくかわいい路線の女の子は応援できるんですが、シンガーソングライターがかわいすぎると嫉妬の対象になってあんまり応援できないんですよ。だから良美さんもよりアイドル的な歌い方に寄せていったのがブレイクのきっかけになったのかなと。

【中将】 奥深い女性心理……! アイドル的なほうが男性も割り切って応援しやすいですしね。

【橋本】 アイドルファンとアニメファンって層がかぶるので、かわいいイメージを増してから「タッチ」に行ったというのは天才的な流れだと思います!

【中将】 いよいよ次でご紹介するのが最後の美少女ボイスになります。時間に限りがある中で榊原郁恵さんとどちらをセレクトしようか悩んだんですが、武田久美子さんの歌声はこの機会にぜひ紹介しておきたいなと……! 「シャワーホリデー」(1983)なんてたまんない感じです。

【橋本】 これまたクセが凄いですね! 私にとってはこっちのほうが〇ックス声ですよ(笑)。

【中将】 (笑)。「アン!」「イン!」みたいに母音のハネかたがすごいですよね。太田さんをはるかに上回る激甘なロリ声です。武田さんは中学生の時、東大駒場祭「第2回東大生が選ぶアイドルコンテスト'81」で優勝したのが芸能界入りのきっかけですが、高学歴の男子ってこういう感じが好きな人が多いのかもしれません。

【橋本】 女子ウケは難しいけどオタク好きのするタイプですね……。めちゃくちゃインパクトあったけど、武田さんが歌ってるイメージはあまりありませんでした。

【中将】 あまりヒットが出なかったので早々にアイドル歌手路線に見切りをつけちゃったんです。その後は女優として数々の作品に出演されたり、笹のふんどしを付けた「JUST A GIRL」(1987)、貝殻ビキニの「My Dear Stephanie」(1989)などの過激な写真集などで話題になりました。

【橋本】 伝説の貝殻ビキニですね……! イメージ変わりすぎて人生ジェットコースターだけど、デビュー時から見守り続けていたファンの方たちにとっては感慨深いものがあったでしょうね……。

(※ラジオ関西『中将タカノリ・橋本菜津美の昭和卍パラダイス』2022年8月7日放送回より)