◆鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」vol.88

 大阪〜神戸間の鉄道はJR・阪急・阪神が競合しますが、その中で一番山側を走っているのが阪急神戸線です。開業時の1920(大正9)年からしばらくは梅田(現「大阪梅田」)と今の「王子公園」近くに位置する上筒井の間を結んでいました。そして上筒井から三宮までは神戸市電が接続していたのです。

 阪急神戸線は当時、人家がほとんどないところに直線コースを敷いたため、『綺麗で早うて。ガラアキで』がキャッチフレーズで、表定速度78km/hは当時、阪和線と並んで日本一の速さだったのです。

「大阪梅田」〜「十三間」は京都線・宝塚線・神戸線の3線の優等列車が10分おきに同時に発車し淀川を渡っていく姿が壮観です。

「十三」を出て神崎川・猪名川・藻川を渡って3つ目の駅が「塚口」。ここで伊丹線と接続します。かつて塚口御坊を中心に栄えた街には、高級スーパー「ikari」(いかりスーパー)の1号店もあります。

「武庫之荘」は阪急が手掛けた大規模住宅地のためにできた駅。通称「尼崎のビバリーヒルズ」と呼ばれ、春はホームの横に桜が見事に咲き誇ります。

「武庫之荘」と次の「西宮北口」とは距離が3.3kmと長いため、このあたりに新駅が計画されています。ホームは尼崎と西宮を分ける武庫川の真上にかかる予定ですが、完成時期は未定です。

「西宮北口」は神戸線の拠点駅で、阪急全線で大阪梅田・神戸三宮に次ぐ乗降客数を誇ります。ここで今津線は乗り換えです。ここには1984(昭和59)年まで今津線と平面交差する名物の「ダイヤモンドクロス」がありました。

 次の「夙川」は2006(平成18)年から特急停車駅に昇格。ここで単線の甲陽線と接続します。全長4kmの夙川公園(夙川河川敷緑地)は阪神間随一の桜の名所で、春はホームからでもお花見ができます。また駅近くのカトリック夙川教会は、昭和7(1932)年築の格調高いネオ・ゴシック様式で、カリヨンの鐘は日本最古と言われています。

「芦屋川」の山手には関西屈指の高級邸宅街がひろがります。かつて作家・谷崎潤一郎も暮らし、小説「細雪」の舞台にもなったところで、ここも夙川にひけをとらない桜の名所になっています。

「岡本」は1995(平成7)年の阪神・淡路大震災以降に特急が停車。甲南大学や甲南女子大学の最寄り駅で、岡本公園は「梅は岡本、桜は吉野」と謳われるほど梅の名所として有名です。

「御影」の山の手には、財界人や文化人の邸宅が数多く建ち並びます。駅前にある創業45年の「御影ダンケ」のバターブレンドコーヒーは一度飲んだら忘れられないおいしさ。また、あの羽生結弦さんも参拝した弓弦羽(ゆずるは)神社は、勝利を導く神様として知られています。

「六甲」は文字通り、六甲山ケーブルへのアクセス駅。かつては山陽電車が姫路方面からここまで乗り入れていました。また山側にある急坂で有名な長峰坂は、多くの映画やドラマ・CMでも登場します。近くに神戸大学・神戸松蔭女子大学などもあり、多くの学生が利用する駅です。

「王子公園」は春の桜とジャイアントパンダでおなじみの神戸市立王子動物園の最寄り駅。駅の東側には約450のお店が軒を連ねる神戸最大級の商店街「水道筋商店街」があり、いつ訪れても元気いっぱいに迎えてくれます。

 この「王子公園」から「三宮」までの高架区間はすでに1936(昭和11)年に完成しており、独特のアーチ橋が目を引きます。

 JR神戸線が左にぴたりと並走してきたら「春日野道」。「中津」に次ぐ狭い島式ホームです。駅近くには、なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)のレジェンドで、INAC神戸レオネッサでもプレーしていた澤穂希さんも常連だった庶民の台所「大安亭市場」があります。

 いまや大規模な再開発が着々と進む神戸の中心地・三宮。「神戸三宮」の駅ビルは震災で大きな被害を受けましたが、ドーム状のホームは今もクラシカルなムードをしっかり残しています。このあと「大阪梅田」からの特急は地下の神戸高速線に入り、「花隈」→「高速神戸」→「新開地」まで進んでいきます。

 阪神間モダニズムを存分に感じられる「関西住みたい鉄道沿線NO.1」の阪急神戸線。もともと神戸線は今より北の「伊丹」から「門戸厄神」ヘのルートを想定していたようですが、これだとトンネルを多くつくらなければならず、やむを得ず、当時、人家の少ない直線ルートにしたのです。しかし逆にこれが沿線に高級住宅地を次々に作り上げることになったのですから、創業者・小林一三の卓越した先見性をここでも伺い知ることができます。(羽川英樹)