吉本興業のお笑いコンビ・からし蓮根が、水曜にパーソナリティーを務める番組『Clip』(ラジオ関西、月−木午後2時30分〜)のなかで、「取扱説明書をしっかり読むかどうか」について話した。

「取扱説明書を読むのが結構好き」と話す伊織は、洗濯機や照明器具など、すべての取扱説明書を保管しているという。照明やテレビは説明書を読んだうえで機能を把握し、タイマーを活用するなど使いこなしているそう。

 さらには、取扱説明書がついていないiPhoneも、インターネットで公開されている説明書をしっかりと読んでいるのだとか。本体の後ろをトントンと叩くと決済アプリが表示されるように設定するなど、説明書を読んでいない人たちには意外と知られていない機能も駆使していると説明した。

 一方、青空はまったく読まないという。そのため、リスナーから届いた「自己流でやってるうちにいつの間にか操作ができたり、組み立てもできているので、説明書を読む時間が無駄だと思います」という意見に共感していた。

 番組には、青空と同じ“読まない派”からのメッセージが多く寄せられ、「家電を使う際は、55年間生き抜いてきた野生の勘で乗りきるようにしている」という、筋金入りの“読まない派”リスナーも存在することがわかった。

 読まない派が多いなかで、「これまでは説明書を読んだことがなかったが、最近になってすみずみまで読んだ説明書がある」というメッセージも紹介された。リスナーが熟読したのは、新幹線からロボットに変形する子どものおもちゃの説明書。順番通りに変形していかないとロボットにならないため、しっかりと読み込んだという。

 メールには「子どもから『やってー!』と持ってこられたときに困るので、このおもちゃの説明書だけはきちんと置いています」とも続いていた。

 このメールの紹介後、同じく子どものいる青空は「おもちゃを大体で組み立てるとネジが1個だけ余って、『大丈夫かこれ?』となったりする」と、自身の経験談を明かした。

 続いて、『取扱説明書をしっかりと読みこむ人は、パートナーとの交際が長続きしている』というアンケート調査を紹介すると、少し前に離婚した伊織は「うそつけ!」と反応。そして、「もう読まんとこうかな……」と、少しふてくされ気味に言葉を漏らした。

 全体の意見を集計すると、取扱説明書を熟読する派は36.4%、読まない派は63.6%という結果に。

 およそ3人に2人は読まないということがわかったが、番組の最後、さまざまなリスナーからの意見に触れた青空は「全部を読む必要はないけど、要所要所なら読むようにしてみてもいいかな」という意見に変わりつつあった。

(取材・文=バンク北川 / 放送作家)

※ラジオ関西『Clip水曜日』2022年8月24日放送回より