JRグループと兵庫県が共同で展開する観光キャンペーンが、14年ぶりに兵庫県にやってくる。2023年、「兵庫ディスティネーションキャンペーン」(兵庫DC)が開催されるのを前に、22年の7月から9月まで、「プレキャンペーン」が行われている。

 キャッチコピーは、「兵庫テロワール旅―私の感動、その先へ―」。「テロワール」とは、「土地の個性、風土」という意味のフランス語。兵庫には摂津・播磨・丹波・但馬・淡路の「五国」があるが、それぞれの地域が誇る「食」を楽しむだけでなく、歴史や文化、産業を体験できるコンテンツが用意されている。

 五国各地の特色あるコンテンツを紹介する。

☆ ☆ ☆

【摂津】サスティナブル・シーフードランチ〜未利用魚を食す〜

 神戸北野ホテル内のフレンチレストラン「アッシュ」で、兵庫県産の「未利用魚」の新たな可能性を引き出す「SDGsメニュー」を味わう。未利用魚とは、サイズが揃っていない、漁獲量が少なく商品にならない、知名度が低く人気がない、などの理由で、非食用に回されたり、低い価格で評価されたりする魚のこと。海洋資源の枯渇が危ぶまれる時代において、『サスティナブルな食材を皆で楽しむ』という新しい価値観に触れられる。9月末まで実施。

☆ ☆ ☆

【播磨】砥峰高原散策ツアー

 四季折々の風景が楽しめる砥峰高原は、面積約90ヘクタールを誇る、関西有数の高原。秋には高原一面に広がるススキがおなじみで、映画のロケ地に選ばれたことも。美しい草原を守り続ける秘訣は、毎年春に行う山焼き。ガイドが付くツアーの実施は、22年12月まで。

☆ ☆ ☆

【但馬】もっと知ろう!但馬牛(たじまうし)と但馬牛(たじまぎゅう)! 但馬牛の希少部位食べ比べ付き

 全国の黒毛和牛のうち99.9%がその子孫といわれる但馬牛。但馬牛博物館で、人と但馬牛の深い関わりや歴史などを学ぶ。昼食は、市場にあまり出回らない但馬牛の「希少部位」等の食べ比べと、但馬牛の御重に舌鼓。実際に但馬牛の見学もできる。9月末まで、木曜日を除いて実施される。

☆ ☆ ☆

【丹波】丹波の食・文化・人にふれあう 丹波大納言小豆と旬食材のお菓子作り

 丹波の特産品として有名な「丹波大納言小豆」。他の小豆に比べ赤みが非常に強く、大粒な俵の形をしていることが特徴で、日本一高級な小豆とも言われている。その丹波大納言小豆と、栗やブルーベリーなど旬のフルーツを使い、ようかんなどの和洋菓子作りを体験できる。通年の実施で、22年9月中旬からは、同じく名産の丹波栗を使ったおはぎ作りを楽しめる。

☆ ☆ ☆

【淡路】淡路島の豊かな自然で営む曳き馬体験

 大阪湾が眼前に広がる絶好のロケーションでの曳き馬体験(乗馬散歩)。スタッフが曳く馬に乗りながらの散歩なので、初心者でもOK。四季折々な淡路島の自然を楽しみながら、気軽に参加できる。木曜日を除き、通年実施される。

☆ ☆ ☆

 料金や実施期間、問い合わせ先などの情報は、「兵庫テロワール旅」のホームページで確認できる。