吉本興業のお笑いコンビ・からし蓮根が、水曜にパーソナリティーを務める番組『Clip』(ラジオ関西、月−木午後2時30分〜)のなかで、プロレスラーのオカダ・カズチカ選手をゲストに迎えて「ゲン担ぎをするかどうか」について話した。

 オカダ選手にとってのゲン担ぎは、お昼ご飯に牛丼を食べ、ピンク色のパンツをはくことだそう。下着の色については、以前いい試合ができた際にたまたまはいていたことがきっかけだそうで、それ以降も大事な試合や仕事の際には必ずはくと決めているという。

 この話を聞いた伊織が「今日のパンツは?」と尋ねると、すかさず「真っ黒です」と返答。「今日はまったく大事な仕事じゃないやん!」という伊織のツッコミに、オカダ選手はすかさず「オンとオフが大事ですからね」と返した。

 牛丼は、大盛りをテイクアウトして会場で食べるというのが決まりなのだそう。さらに、七味も含めてトッピングはしないという自分なりのルールがあるという。青空の「近くに牛丼屋がなかった場合は?」という質問には、「会場より遠いところでも、店のある場所までタクシーで行く」とオカダ選手。アメリカでの試合のときには牛丼がなかったので、代わりにビーフサンドイッチを食べていたことを明かした。

 オカダ選手と同じく勝負パンツをはくというリスナーのなかには、シーンごとに細かい色分けをしている人も。

「普段は黒や紺の地味な色のボクサーパンツをはいているのですが、デートなど恋愛系の勝負時はエネルギッシュな赤」と決めているそうで、「資格試験などは冷静になるために青、宝くじを買うときなどはお金を連想させる黄色と、いろいろとはき分けています」と、勝負パンツへのこだわりがぎっしりとつづられていた。

 このメールを読み上げた伊織の「『今日は黄色をはいてるから宝くじを買おう』ってなってるんじゃないかな?」という言葉に、青空は「もうそれはパンツ生活やん!」と、本末転倒になってしまっていることを指摘した。

 ほかにも「トイレをキレイにする」「イチローと同じく毎朝カレーを食べる」「持ち物にラメ入りのキラキラをつける」など、思い思いのゲン担ぎが寄せられた。

 一方、「いくらゲン担ぎをしても自分の実力は変わらないので、そこに時間を費やすよりもひとつでも多くの問題を解いたり、練習をする方がいい」という現実主義なリスナーも。“しない”派にもさまざまな理由があり、なかには、あるトラウマからゲン担ぎをしないという人もいるようで……。

 高校時代にラグビー部に所属していたというリスナー。当時、『トーナメント戦で試合に勝ち続けている間は試合ではくソックスを洗わない』というゲン担ぎを実践している先輩がいたのだそう。県大会で勝ち進むなか、その先輩はゲン担ぎ通り10日ほどソックスを洗わなかったそうで、その異臭が試合直前の昼食時にチームメイトを襲ったといいます。

 メッセージには「(その異臭のせいで)チームメイトの何人かが食欲をなくし、結果的にその試合に負けてしまいました。僕は今でも、昼ご飯をしっかりと食べられずにエネルギーがなくなったのが敗因だと思っており、ゲン担ぎは人に迷惑をかけることもあるのでしない方がいいと思ってしておりません」と、悲しい思い出が記されていた。

 このメッセージを読み、オカダ選手が「ちゃんと洗って、同じものをはくとかならわかりますけど」と言うと、伊織も「ラグビーは1番くさいスポーツやから」と、このゲン担ぎには否定的だった。

 全体の意見を集計すると、ゲン担ぎをする派は53.3%、しない派は46.7%と、二分する結果となった。

(取材・文=バンク北川 / 放送作家)

※ラジオ関西『Clip水曜日』2022年9月14日放送回より