「鉄板バル ラグー」(以下、ラグー)は、阪急電鉄今津線の逆瀬川駅から徒歩7分の場所に位置する鉄板料理店です。兵庫県・阪急逆瀬川駅の東出口を出て東へと進み、市役所通りを直進した先にラグーが見えてきます。

 2016年7月24日にオープンし、今年で7年目を迎えた肉バル・ラグーは、コロナ禍にランチ営業をスタートさせました。客席数はテーブル6席、カウンター6席の合計12席。レンガ調の壁紙やレトロな照明など、インテリア一つひとつにこだわり、海外を訪れたような開放感とノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。

 壁に取りつけられたブラックボードには、多種多彩なアルコールメニューがずらり。フルーティー感や香りが存分に楽しめるよう、日本酒はワイングラスで提供されています。

 さらに、兵庫県宝塚市では初となる「サッポロ パーフェクト黒ラベル」(490円)という珍しいビールも。バラエティに富んだアルコールメニューに、オーナーの清水翔さんいわく「昼飲みも大歓迎です!」とのこと。

 ランチメニューは、お肉がメイン。「(数量限定)国産牛 ステーキ丼」(1580円)や「肉の3種盛りランチ」(1380円)、「国産牛ローストビーフ丼セット」(1190円)、「鶏もも焼きランチ」(740円)などが並びます。

 肉料理のほかにも、「とんぺい焼きランチ」(740円)や「自家製ハンバーグランチ」(880円)、「鉄板オムライス」(880円)など、ランチメニューは全部で8種類。

 今回は、お店の人気メニュー「(数量限定)国産牛 ステーキ丼」と「肉の3種盛りランチ」をいただきました!

「(数量限定)国産牛 ステーキ丼」
ミディアムレアで焼き上げられた分厚いお肉は、なんと180グラムものボリューム! ひと口サイズにカットされたお肉が、白米の上に積み上げられている様子は圧巻です。濃厚なタレと頂点には卵黄が輝いており、なんとも食欲をそそります。

 見どころは大満足のボリュームだけではありません。実は、提供直前にブランデーをかけ、炎をあげて仕上げているのだそう。フランベをすることでお肉にブランデーの香りがつき、やわらかく上品な食べごたえに仕上がるのだと教えてくれました。

「肉の3種盛りランチ」
ローストビーフ、牛タンの冷製ローストビーフ、国産牛ステーキの3種がひとつのプレートに盛り付けられている、なんとも贅沢な逸品。4時間かけて低温調理されたローストビーフはしっとりジューシーで、とっても柔らかいのが魅力。

 さらに、ラグーではお客さんにあわせてお肉の部位を変えて提供しているのだそう。最もおいしい形で提供することを心がけているそうで、すべてのお肉にこだわり、それぞれの部位に適した味付け・切り方で提供しているそうです。

 ランチはもちろん、ディナーやテイクアウトメニューも種類豊富。「気軽に食べて飲んで、安全に帰って、また来てね!」をコンセプトに営業しているのだと、オーナーの清水翔さんは語ります。

 ボリューム満点! こだわりの詰まったお肉ランチが食べられる、宝塚市「鉄板バル ラグー」でした。

※メニュー、価格などの情報は取材当時のものです。

(取材・文=細田真帆、中村葵)

※ラジオ関西『笑福亭鉄瓶のまんてんラジオ』、「あおいとゆうりの㎎2(もぐもぐ)ダイアリー」2022年9月12日放送回より