吉本興業のお笑いコンビ・からし蓮根が、水曜にパーソナリティーを務める番組『Clip』(ラジオ関西、月−木午後2時30分〜)のなかで、「働くなら『給料は安いが楽しい仕事』『給料は高いがつまらない仕事』のどちらを選ぶか」について話した。

 今回のテーマは、今後の働き方について迷っているというリスナーから寄せられたリクエストを取り上げたもの。からし蓮根の2人はともに「給料は安いが楽しい仕事」を選ぶという。

 青空の「バイトをしていたころ、しばらく作業をして時計を見たら4分くらいしか進んでいなかったときはキツかった。あと3時間くらいおらなあかんやんと思って」という経験談に、思い当たる節のある伊織は「あるなぁ」と大きくうなずき共感した。

 番組放送前に知り合いの社長に寿司をごちそうになったという伊織は、「社長はどうなんやろ。仕事も楽しいし給料も高いんかな」と疑問を呈した。ちなみに、その場は後輩芸人である「オーサカクレオパトラ」のりえちゃんと「丸亀じゃんご」の安場が一緒だったという。バラエティー豊かな面々での食事だったことを知った青空は、「サーカス団の社長と行ってた?」と思わず聞き返していた。

 社長から「明日は『ちゃらんぽらん』の冨好さんと2人で行かないといけないんですよ。来ますか?」と誘われたものの、伊織は「行けたら行けます」と返答。その受け応えに、青空は「絶対に行かんやつやん」とツッコんだ。

 ここで青空が「給料は高いがつまらない仕事」を選ぶというリスナーからのメールを紹介。そのメールには「そもそも仕事なんてつまらないものだと割り切っているのでガマンできますが、安い給料で働かされるのだけはご免こうむりまする。世の中、金でござる」とつづられており、青空も「どうせ仕事はつまらないものだから、それなら給料が高い方がいいという意見は納得できる」と同意していた。

 続いて紹介されたメールには、「今働いている会社では事務作業をしています。給料はある程度もらえますが、仕事内容はつまらないです。つまらなさすぎて平日の朝9時から夕方5時までは死んだ魚の目をしています」という声が。

 しかし、「アフターファイブと休日は、頑張って稼いだお金を使って水を得た魚のようにイキイキと生活している自覚があります。プライベートでストレス発散ができれば、つまらない仕事も乗り切れると思います」と、日々の退屈な時間を乗り越えるライフハックともいえるメッセージが続いていた。

 このメールを紹介した青空は「ラジオインディードですか?」と、求人検索エンジン「Indeed」のテレビCMシリーズのようになっていると笑った。

 一方、「給料は安いが楽しい仕事」を選ぶというリスナーからは、「一度『楽しくないな』と思うお仕事に就いたことがあって、毎日が苦痛で仕方がなく、朝起きられなくなったことがありました。お給料ももちろん大切ですが、自分の心を守ることが大切だなと思いました」という、経験談に基づくメールも寄せられた。

 そのほか、これから社会に出て働くことになるであろう高校生から寄せられた2通のメールは、どちらも「給料は安いが楽しい仕事」派だった。

 全体の意見を集計すると、給料は安いが楽しい仕事派は60%、給料は高いがつまらない仕事派は40%という結果となった。

(取材・文=バンク北川 / 放送作家)

※ラジオ関西『Clip水曜日』2022年9月21日放送回より