◆鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」vol.95

 JR西日本の草津線は、琵琶湖線の「草津」(滋賀県草津市)と関西本線の「柘植」(三重県伊賀市)を結ぶ約37kmの路線です。

 出発地の「草津」は、滋賀県のJR駅で最も乗降客の多い駅。東口には百貨店・マンションやアーケード商店街が並びます。また琵琶湖側の西口には、大型ホテルや大規模商業施設があり、滋賀県で一番にぎやかな駅となっています。

 草津線が鉄道ファンにうれしいのは、国鉄形電車であり、 “絶滅危惧種”といわれる113系や117系が、今も元気に走っているということです。

 113系は1963年に登場して初代新快速として活躍し、来年(2023年)還暦を迎えるベテラン車両。草津線には1980年の全線電化と同時に投入されました。一般的には緑とオレンジの湘南色のイメージが強いのですが、今は京都・北近畿地域色の緑をまとって4両編成で走ります。

 117系は京阪神地区で1980年に登場し、新快速『シティライナー』として活躍しました。今は主に朝夕のラッシュ時に「京都」〜「柘植」間を6両で運用されます。

 113・117系とも現役引退の時期が間近に迫っており、湖西線やこの草津線など乗れる区間は限られている貴重な車両です。

 草津線はローカル線に位置づけられますが、朝夕は8両連結でも運転され通勤通学客でかなり混雑します。また、線形がほぼまっすぐなこともあって、最高時速は95㎞/hに設定されています。

「草津」を出発後、近江富士(三上山)が見えて湖南市に入ると「石部」。ここは東海道51番目の宿場町で、かつて京都から江戸に向かった場合、1泊目がこの石部になりました。

 当時は旅籠32軒が並ぶ大きな宿場町でしたが、いまは『田楽茶屋』がわずかにその面影を残しています。安藤広重の浮世絵にある茶屋を再現したお店では、地元の自然薯と野菜のかきあげがついた『自然薯とろろめし』が大人気です。

「甲西」は1981年、びわこ国体開催時にできた草津線で一番新しい駅。天然記念物に指定される『うつくし松』は、アカマツの変種で地表近くから枝が帚状(ほうきじょう)に分かれています。近江の地酒『御代栄』で名を馳せる創業200年越えの北島酒造や、ジャンボなえび天とエビフライがのったカレーうどんが人気のお店『みくりやうどん』もおすすめです。

 杣川(そまがわ)橋梁を渡ると甲賀市に入って、草津線の中間拠点「貴生川」(きぶかわ)。ここで近江鉄道と信楽高原鉄道に接続し、半数の列車はこの駅どまりとなります。

 ちなみに近江鉄道本線は「貴生川」から「八日市」を経て「米原」までを結びます。近江鉄道は地元では『ガチャコン』と呼ばれ、今年、開業124年目を迎えます。

 また、信楽高原鉄道は焼き物の街・信楽までの14.7㎞を結ぶ第3セクターで、両鉄道とも基本は60分おきの運行です。

 甲賀市には、『甲賀の里 忍術村』があり、からくり屋敷を始め、ここではいろんな忍者体験も楽しめます。また小学校の木造校舎を改装した『マンマミーア』では、のどかな田園風景を眺めながら、カフェで自慢のスィーツをどうぞ。

 草津から43分で終点「柘植」に到着。ここは三重県に入って伊賀市になり、関西本線の亀山・木津方面への乗り換え駅となります。かつては急行『平安』『志摩』などが草津線経由で名古屋や伊勢と結んでいましたが、今は亀山・木津方面に1両の気動車が静かに走っているだけです。

 東海道本線と同じ1890年に全通した草津線。まもなく終焉を迎える113系・117系が走る貴重な路線であり、大砂川トンネルや御庄野橋梁など明治の鉄道構造物もしっかり残る歴史深い路線なのです。(羽川英樹)