各地で大学祭が実施される時期になった。新型コロナウイルスが流行り始めた頃には、中止やオンラインでの開催となる大学も多かったが、今年は多くで通常開催されている。そのうちのひとつ、姫路大学と豊岡短期大学が合同で12月10日(土)に行う大学祭「のじぎく祭」は今回で16回目を迎える。

 そこで、大学祭実行委員長の岡座遥花さん(豊岡短期大学2年)と副委員長の辻元凛さん(豊岡短期大学2年)に大学祭にかける思いや見どころなどを聞いた。

――大学祭実行委員のスタッフになったきっかけは何ですか?

【岡座遥花さん(以下、岡座さん)】私が豊岡短期大学に入学する前の年は新型コロナウイルスの影響でリモートでの開催でした。私が入学した年には、大学祭が対面で開催できると聞いたので、「理想の大学祭を作りたい」と思うようになりました。そんなとき、実行委員を募集していることを知り、仲の良い友人と「いっしょにやりたいな」と話をして、実行委員長になりました。去年ののじぎく祭でも実行委員長をつとめ、準備や当日も楽しくやりがいがあったので、今年もつとめることにしました。

【辻元凛さん(以下、辻元さん)】これまで人を引っ張るようなことはしておらず、部活でも上の人を支えるような立場でした。大学に入ってボランティア活動をするようになり、「自分から何かできることがないかな」「新しいことをしてみたいな」と考えるようになりました。大学祭実行委員は、大学祭を一からつくるということで楽しそうだと感じ、岡座さんと話して私が副委員長をつとめることにしました。

――今回の「のじぎく祭」の見どころを教えてください。

【岡座さん】テーマは「結唱〜みんなで笑顔の鐘を響かせよう〜」で、クリスマスにちなんだものをたくさん準備しています。大学内でスタンプラリーをしますが、今年は「サンタをさがせ」というイベントも実施します。大学内のどこかに隠れているサンタを見つけてスタンプをもらい、全部集まればプレゼントをもらえます。そして、充実したステージにも注目してほしいです。芸人さんが来たり、地域の方がダンスをしたり、軽音楽部のメンバーが演奏したりします。

【辻元さん】去年は少し終わる時間が早かったのですが、今年は午前10時から午後7時まで開催します。朝から遅くまで一日たっぷりと楽しんでもらえるように時間を組んでおり、キッチンカーや模擬店も出店します。

――スタッフとしてどのような活動をしていますか?

【岡座さん】全体の責任者として指揮をとるのが私の役割で、当日は子どものケガなど、何かトラブルがあったときに対応できるように気を配っています。準備段階では、会議の司会をして、みんなをまとめるということをしています。

【辻元さん】準備の際は、岡座さんと同じように会議の際に出る意見をまとめています。また、大学祭には体験ブースがいくつか出るのですが、その中のヘアセットのブースを担当しています。せっかくなので普段自分でできないようなかわいい、かっこいい髪型で大学祭を楽しんでもらえたらと考え、美容の専門学校に通う友人を呼んでヘアセット体験ができるブースを企画しました。

――去年の大学祭を振り返ってみてどうでしたか?

【岡座さん】去年は受付の場所がわかりにくく、受付をせずに模擬店に入ってしまえる状態になっていたので、そこは改善する予定です。スタンプラリーは、去年もすごく反響がありましたので、今年も実施することにしました。

【辻元さん】去年はキッチンカーに人が集まり、ステージの方になかなか人が集まらず、声を掛けにいくような場面もありました。今年はしっかりとステージでどのような出し物があるかなどを伝えて、人を集められるようにします。ちなみに、去年は在学生とその知り合いが参加できる条件だったので、どの程度の人数が集まるか不安でしたが、想定以上の人が来てくれて、にぎやかに開催できました。今年は地域の方含め、誰でも参加できるので、よりたくさんの人に楽しんでもらえたらうれしいです。

――現在どのようなことを学んでいるのですか?

【岡座さん】「こども学科」という学科で学んでいるのですが、資格取得に必要な最低限の科目だけではなく、保育×◯◯という風に自然、ICT、国際、心理学、ミュージック、食育、表現、アートなどをテーマに研究し、保育の現場に活かせることを学習しています。来年4月からは、地元で認定こども園に就職し、保育教諭として働きます。

【辻元さん】同じく「こども学科」で学んでいます。豊岡と姫路の2キャンパスで、1学年定員40名と少人数制です。私が通っている姫路キャンパスは、1クラス15人ほどです。先生に質問しやすく、学生同士でも意見を言いやすい環境です。来年4月からは、私も地元で認定こども園に就職して、保育教諭として働く予定です。

――キャンパス内のおすすめスポットはありますか?

【岡座さん】校舎2階に、全身鏡が一面に並んでいる場所があり、普段はそこで仲の良い友人と写真を撮っています。また、部活などでダンスをしている学生たちは鏡が必要なので、そこで練習しています。大学祭当日は、一般の方もその場所に入ることができるので、良かったら記念撮影をしてみてください。

【辻元さん】ハリーポッターの世界に出てくる森のような場所があります。そこは普段から癒やしの場所なのですが、大学祭当日はキャンドルを置くなどのデコレーションをして、生えている木を活かしながらイルミネーションを実施します。ぜひ注目して見てください。

――大学祭の開催がいよいよ迫ってきました。意気込みをお願いします。

【岡座さん】実行委員のみんなや、委員以外の学生、そして先生や職員の方に支えられて、大学祭を作り上げています。去年よりも来場者の方々に楽しんでもらえるよう頑張って準備していますので、12/10(土)は、ぜひのじぎく祭へお越しください!

【辻元さん】大学がこんな場所なんだということを、地域の方や高校生のみなさんに知ってもらうきっかけになれば良いなと思います!どなたでもご来場いただけますので、ぜひ一度大学へお越しください!