創業100周年を迎えた江崎グリコ(本社・大阪市西淀川区)。1919(大正8)年に創業者・江崎利一氏がカキ(牡蠣)の煮汁に含まれるグリコーゲン(ブドウ糖の重合体)をキャラメルに入れた栄養菓子「グリコ」を創製し、1922年2月11日に発売したのがはじまり。「グリコ」は百貨店でデビューした。

 「グリコ」は”ひとつぶ(1粒)300メートル”のキャッチコピーと、利一氏の「子供の二大楽しみは、食べることと遊ぶことを同時に満たす」との考えから、おもちゃ(おまけ)をセットにして販売し、大ヒットする。

 その後、大人にも楽しめる味を追求し、1955(昭和30)年にアーモンドのクラッシュを練りこんだ「アーモンドグリコ」も登場する(アーモンドはカリフォルニア産を使用)。”1粒で2度おいしい”というキャッチフレーズはこの時に生まれた。

 江崎グリコによると、キャラメルとおもちゃ(おまけ)がひとつになった「グリコ」のおもちゃの数は、約3万種類・55億個にのぼる。これらのおもちゃの一部と、グリコ発売100周年記念特別商品「クリエイターズグリコ」のおもちゃが並ぶ「Glicoグループ100周年展〜クリエイターズグリコを特別展示〜」が髙島屋大阪店(大阪・難波)と阪急うめだ本店(大阪・梅田)で同時開催している。11月29日(火)まで。

 両店舗で「グリコ」が発売された大正時代〜現在のおもちゃ90点と、発売100周年を記念して販売する「クリエイターズグリコ」のおもちゃ10点をそれぞれで展示する。

■「クリエイターズグリコ」
 「クリエイターズグリコ」は「グリコ」発売100周年を記念した特別商品。11月22日(火)から数量限定で全国販売している。参加しているクリエイターは、建築家・隈健吾氏、「ドラゴンクエスト」を生んだゲームデザイナー・堀井雄二氏など日本を代表するクリエイター10人。それぞれに「心の中にあるグリコ」をデザインしてもらい、それを世界的なフィギュアメーカー・株式会社海洋堂(本社・大阪府門真市)が造形、製作した。

■ 販売10周年、プレミアムなポッキー「バトンドール」も人気
江崎グリコは、2012年10月から人気商品「ポッキー」のプレミアムバージョン「バトンドール(Bâton D'or)」を販売している。フランス語で”黄金のスティック”を意味する。「バトンドール」のデビューも百貨店。髙島屋大阪店と阪急うめだ本店だった。発売から今年(2022年)で10周年を迎え、「Glicoグループ100周年展〜クリエイターズグリコを特別展示〜」に花を添える。

「バトンドール」は、澄ましバターをふんだんに使ったスティック状のリッチバタープレッツェルが特長で、口どけの良いチョコレートをコーティングしたチョコレートタイプや、バターの風味とコクがそのまま楽しめるプレッツェルタイプなどを取り揃えている(現在は神戸阪急・高島屋京都店・大阪国際空港(伊丹空港)店・博多阪急を加えた6店舗で販売)。今回は、バトンドール10周年を記念した限定トートバッグ付きの5個詰め合わせセットを販売、初日の11月23日は両店舗とも早くに完売した。

 クリエイターズグリコを購入した20代の男性(兵庫県西宮市)は「有名なクリエイターのデザインというところに惹かれた。どんなおもちゃなのか、というワクワク感がある」と話した。また30代の女性(大阪市)は「パッケージの変遷を見ていると懐かしい。おもちゃが時代によって進化しているのがよくわかる」と展示に見入っていた。

◇「Glicoグループ100周年展〜クリエイターズグリコを特別展示〜」11月29日(火)まで開催
※開催時間は各店営業時間に準じる
・髙島屋大阪店(大阪・難波)1階「グッドショックプレイス」
・阪急うめだ本店(大阪・梅田)地下1階「ツリーテラス」