ラジオ関西で放送されている『Clip』(月〜木、午後2時30分〜)の人気コーナー「どうぶつ通信」では『淡路ファームパークイングランドの丘』より飼育員の後藤敦さんがゲストで登場し、動物に対するさまざまな疑問に答えていきます。今回もリスナーからさまざまな質問が集まりました!

◆これから寒くなりますが、冬に魅力的な動物を教えてください(ラジオネーム:ちぇりぃさん)

【後藤さん】多くの動物たちには年に数回、“換毛”といって全身の毛が生え変わる時期があります。中でも“夏毛”と“冬毛”で見た目の雰囲気が変わる動物たちは「見比べる」ことができる楽しみがあります。

 当園で飼育している動物の中から紹介すると……北米に生息しているオグロプレーリードッグですね! 夏毛のシュッとしたルックスももちろんかわいいのですが、冬毛になるとふっくらまん丸フォルムになって愛らしさたっぷりです。

 春に毛刈りをしたヒツジたちの毛もだいぶ伸びてきています。これからの季節は、羊毛をたくわえた見ごたえのある姿に仕上がってきています。

 ヒツジの毛をよく観察すると、一本一本が細かく縮れています。縮れた毛の繊維同士が絡むことによって毛と毛の間に空間ができて、空気を包み込むのでとても保温性が高いのです。あまり知られていませんが、彼らの体毛は調湿機能も優れています。湿度の変化に反応して、毛の縮れが伸びたり縮んだりして常に快適な体感湿度になるように調節されるのです。

◆羊は毛刈りをしなかったらどんな状態になるんでしょうか?(ラジオネーム:ひかさん)

【後藤さん】先ほど多くの動物にはあるとお伝えした “換毛”ですが、実はヒツジにはありません。もともとヒツジの祖先には換毛する機能があったと思われますが、ヒツジを家畜として品種改良していく中で、より毛を紡ぎやすくするために換毛する機能は失われ、どんどん伸び続ける性質が備わってきました。

 冬は暖かくていいのですが、春を過ぎても毛を刈らないでいると夏場に熱中症を引き起こしたり、病気にかかりやすくなったりします。ですので定期的な毛刈りが必要なんです。

◆動物たちのエサの中で、入手が困難なエサはどんなものがありますか?(ラジオネーム:ファルコンさん)

【後藤さん】動物園で動物を飼育する際、野生下で食べているものがそのまま供給できればいちばんいいのですが……。大抵は嗜好性や栄養価が近いものを探し、代用として与えています。たとえば、野生下ではアリやシロアリを主食にしているアリクイの仲間の場合、毎日たくさんのアリを用意することは現実的ではありません。動物園ではミンチ肉やヨーグルトなど、いろんなものをミキサーでペーストにしてエサにしています。

 このように主食に「特異性」がある動物でも代用食が確立されている場合も多々あるのですが、どうしても譲れない「こだわり」を持つ動物がいます。

 当園でも飼育しているコアラです。皆さんご存知のとおり、コアラの主食はユーカリの葉っぱです。野生下では多少アカシアなどの葉もかじったりするそうですが、やはり飼育下ではユーカリ以外で彼らを生かすことはできません。

 そのため、当園ではユーカリの葉を毎日安定供給するためにオーストラリアから種を輸入し、苗から育てた木を園内や委託農家で何万本も育てています。ユーカリの供給にはかなり費用と手間がかかりますが、それに勝る素晴らしい魅力がコアラにはいくつもあります。

※ラジオ関西『Clip月曜日』2022年11月21日放送回より