大きな社会問題として周知されながらも、その実態が見えにくい「ひきこもり」。中高年のひきこもりの人たちを高齢の親が支える「8050問題」がクローズアップされる中、神戸市福祉局ひきこもり支援室(神戸ひきこもり支援室)は市民に向け、オンラインによる講演会「令和4年度市民向けひきこもり講演会〜経験者から学ぶひきこもり〜」を開催している。専門家に聞いた同問題の現状や支援策などとともに、実際にひきこもりの時期があった2人の男性の経験談など、講演会の内容を全3回に分けて紹介する。

【第3回出演者】
〈ひきこもり経験者〉
・米夫さん(仮名)
34歳男性。母と2人暮らし。小中学生の頃から人間関係に悩むことが多かった。中学時代はバレーボール部の部長。学校の成績は良かったが、技術家庭の実技などは苦手だった。現在は経理や会計の仕事をしている。
・トシさん(同)
39歳男性。父、母、祖母との4人暮らし。子どもの頃は人見知りで、1人で遊ぶことが多かった。家族との関係が悪い時期もあったが、現在は風呂掃除やパソコンの修理を引き受けるなどしており、関係は良好。気になったことは何でもパソコンで調べる。
〈解説とお話〉
船越明子・神戸市看護大学教授
〈進行〉
南かおり・ラジオ関西パーソナリティー

☆☆☆☆☆

▽肯定してもらえたら、そこから先に進める
南:ひきこもりの間、どういう支援や言葉掛けがほしかったですか。

米夫:僕の場合は、家まで来て、他愛のない話をしてくれる支援者さんがほしかったです。いきなり外には連れ出さずに、まずはひきこもり状態の僕を肯定してくれて、趣味のゲームの話などをするだけにとどめてくれる人がいたら助かったと思う。安心してひきこもりながら支援者さんとやりとりして交流を深めてからステップアップして、その支援者さんと外に出られるようになったらいいのかなと思います。今でしたら、オンラインから始めてもいいかもしれないですね。

南:オンライン。なるほど、そういう意味ではきっかけのハードルが下がってきていると言えるかもしれないですね。トシさんはいかがでしょう。

トシ:僕の場合は人と関係が作れるほどのエネルギーがなかったので、人と話してもプラスにならなかった。人によって支援の形は違うと思います。高校を中退しているのですが、中退する時に担任の先生から「『一身上の都合で退学します』と書いてもらったらそれでいいです」と、それだけ言われた。その時、自分はどこにも行きようがないと感じました。「それだけが人生ではない」とか「どういう姿でも人間は人間」などと肯定的に受け入れてくれるものがあったら、そこから先に進めるのかなというのが今の僕の印象です。

▽家のリフォームをきっかけに外へ
南:20代女性からいただいた質問です。「ひきこもりから脱した経緯を教えてください」。

米夫:家のリフォームがきっかけです。ひきこもりをやめたいけどどうしようもないと考えていた時期、ちょうどリフォームすることになり、自室にいるのが難しくなりました。それで結構追い詰められて。さらに工事当日、母と険悪な状態になってしまい、勢いで散歩に出掛けたんです。そうしたら久しぶりに外を歩いたのがすごく気持ちよくて。散歩の感想を母に伝えたところ、母はたまに僕を散歩に連れて行ってくれるようになりました。近所の散歩は嫌だという僕の希望を汲んでくれて、車で家から少し遠いところへ行って散歩させてくれました。僕が外に出ようという気持ちになったタイミングで、母がサポートしてくれたのがきっかけになりました。それから半年ほどして母に紹介された事業所に少しずつ通えるようになりました。

南:そこではどのように過ごしましたか。

米夫:とある社会福祉法人なのですが、まず、“誰が来てもだいじょうぶな居場所”を紹介してもらって行くようになりました。居場所に慣れてきた頃、作業や生活訓練のグループワークができる事業所へ。そこでステップアップして最終的に就労支援事業所に通うことになりました。

南:段階を踏んでもらったことは良かったですか。

米夫:はい。ひきこもり時代には感じていなかったいろんなギャップに悩んだり、苦しんだりしながらも、そこの職員さんに支えられて何年かかけて少しずつ成長できた。それが今につながったと思います。相談相手は専門家なので、僕がどんな状態なのかよく把握してもらえました。

▽しゃべること自体が苦手ではなかったという発見
南:やはりプロにアドバイスをもらえるというのは大きいですね。トシさんはどうでしたか。

トシ:親に「相談室に行かないか」と言われて。なるほど、じゃあ行きます、とそれだけです。僕の中で自分を理解することができるようになった時期と親の誘いが大体一致した。タイミングは重要ですね。

南:実際に支援室に行かれていかがでしたか。

トシ:しゃべること自体、自分はそれほど苦手ではなかったという新たな発見をしました。「自分はこういう人間なんだ、どこにも行けないんだ」と決めつけていたのが案外そうでもなかったのかなと感じました。外に出られず、しゃべることができなかった自分が今しゃべっていることも驚きです。でも、これができたから「はい、次に行きましょう」というのはまだないです。客観的に見たらだいぶ遅いかもしれませんが、これが僕自身のペースです。

南:ご自身の体験を番組に出ていただいてお話いただいて、振り返って俯瞰して見て分析できるというのは、すごく大きな変化ではないでしょうか。

船越:トシさんの場合、ご自身を理解するのに、インターネットで地球の成り立ちから調べて、なかなか答えが出なかった。その後、相談員さんと話をする中で自己理解ができていった。人との関わりに中で自分を知っていくというのは、私たちみんなにとって自然なことだと思います。

▽今後の目標は
南:今後の目標、将来の夢などがあったら教えてください。

米夫:今、社会福祉法人の契約社員として働いているのですが、いつか正規職員になりたいです。今より責任のある立場になるのは自分にとって大変なことと思うんですが、地道に頑張って、少しずつできる仕事を増やしていきたい。それと、結婚したいです。人生を一緒に歩んでいけるパートナーがほしい。

南:すてきな方が見つかると良いですね! トシさんはいかがですか。

トシ:人との関係の中で何かが見つけられたらいいなと思っています。人と会った時によく「優しいですね」と言われるのですが、僕自身優しくしようとか全然思っていないので、びっくりしています。自分で自分の理解が追いついてきたら、何か見えてくるんじゃないかという気がしています。

▽ひきこもる可能性は誰にでもある
南:最後に、視聴されている方々に伝えたいことはありますか。

米夫:僕が引きこもっていた頃はいろんなことに理不尽を感じていたのですが、もし許せないことがあっても、「自分は今許せないという感情になっているんだな」と客観視して、自分自身が成長することに主眼を置くと生きるのが少し楽になるかなと思います。今回の出演は、自分のこれまでを振り返ることができて、今後の糧となる良い機会となりました。

トシ:ほんの数か月前までは、こんなところに来て、公共の電波でしゃべるなんて考えたこともなかった。今回、先生のお話などから、自分は学生の頃、すごい完璧主義だったと分かりました。ラジオ局に来て番組に参加したことは、自分にはめた“たが”が外れてきたのかなとちょっと前向きに受け止めています。

南:貴重なお話を本当にありがとうございました。ひきこもりは決してめずらしいことではないし、誰にでも可能性があることだとあらためて思いました。気がついていないだけで周りにそういう悩みを持っておられる方はいると思います。今回の講演を通じて知ったこと、感じたことをたくさんの方にお話いただいたらうれしいです。(本文中は敬称略)

☆☆☆☆☆