ラジオ番組『カンピオーネ!レオネッサ!!』(ラジオ関西)1月9日放送回では、「2022-23 Yogibo WEリーグ」第8節のINAC神戸レオネッサ対アルビレックス新潟レディース戦について、番組パーソナリティーの近藤岳登と赤崎夏実(※「崎」=たつさき)が振り返った。

 1月8日(日)、ホームのノエビアスタジアム神戸で新年最初の試合に臨んだINAC神戸。今回は、WEリーグと「第31回全日本高等学校女子サッカー選手権大会」決勝戦とのダブルヘッダーとなったことで、WEリーグの新潟L戦は午前10時33分と、午前中のキックオフで開催された。

 INAC神戸は、トップチームの選手3人、チームスタッフ1人に新型コロナウイルス陽性判定が出たため、ホームチームは15人の登録メンバーで試合に臨む非常事態に。この一戦ではリーグ戦で4得点ずつ記録しているFW田中美南選手とFW高瀬愛実(※「高」=はしごだか)がメンバー外に。一方でプロ1年目のMF箕輪千慧選手が左サイドでWEリーグ初先発した。

 新潟L戦では、前線で先発起用された愛川陽菜選手が前半12分にWEリーグ初ゴールとなる先制点を記録。後半に一時、新潟Lに同点弾を許したINAC神戸だが、試合終了間際、右MFの守屋都弥選手が中央突破から豪快なミドルシュートを決めて勝ち越し。劇的な一撃により2-1で勝利したINAC神戸は、ウインターブレイク直前の一戦で貴重な勝点3を獲得。前半戦を無敗で折り返すとともに、次週にやってくる大一番、「皇后杯 JFA 第44回全日本女子サッカー選手権大会」準々決勝の三菱重工浦和レッズレディース戦に大きな弾みをつけた。

 今回の試合のハイライトとなったのは、決勝点となった守屋選手のスーパーミドルだ。そのシーンについて「しびれた!」と率直な感想を述べたのは、番組パーソナリティーで元Jリーガーの近藤。「守屋選手はあの(最後の)時間帯まで何度も何度もアップダウンをしていて、後半も一時ビッグチャンスを外していたので、もう決めきれないかと思っていたら、もっともっと大事な最後の最後、アディショナルタイムに(決勝ゴールを決めた)。あそこ(ハーフウェーライン中央)にポジションをちゃんととって、ターンして、ドリブルを仕掛けて、その勢いのままシュートを打って、入る。すごいよね、あのシーンではひとりで完結したから」と、ゴールの過程も含めて絶賛する。

 また、近藤は同じ右サイドを主戦場としていたプレーヤーの先輩として、右サイドの選手の心理や、守屋選手の度胸のよさなどを次のように解説する。

「(もともとは)右サイドの選手なので、あのポジションでボールを受けると、本来なら不安なのよ。(普段は)右にはサイドラインしかないから、右からは誰も来ない。左前方を見ておけば全部把握できるというポジションだから、意外と視野としては楽なんだよね。見やすいし、顔を上げやすいし、最後に敵がきても敵に当てて出せばスローインにすることができるという状態なんだけど」

「あの時間帯に、流れ的にあのポジショニングになったけど、普通の選手ならあそこでボールを受けたら、すぐに周りに(パスを)はたいたりするもの。真ん中にいると、ちょっと怖いから。それを、相手の動きをしっかり見て、タイミングも、『あっパス出さないんだ……出さないんだ……ドリブルするんだ』というような、周りを見ながら判断したドリブルに入って、どうするのかなと思って見ていたら、まさかの足を振って、そのまま入る。これが今年の守屋都弥選手のすごさかなと思わされた」

「最後に守屋選手の思い切り(のよさ)が出たところに、今年のINAC神戸の強みを感じる。『自分で決めるんだ』という個々の強い思いなどが。特に守屋選手は(普段は)アシストをすることが多い選手だから、あの場面でもなんとなくアシストに走っちゃいそうな感じもあるなか、最後は自分で決めようと(シュートを打った)。その前に、後半、シュートを外したシーンもあったが、自分で行く姿勢がすごく見えて良かった」

 番組にはファン・サポーターからも「まるで試合に出られなかった田中美南選手が乗り移ったかと思わせる、守屋選手の中央突破からのゴール、めっちゃ興奮しました」「アディショナルタイムからの一撃、恐れ入ります。守屋さん、ゾーンに入ったかな……」など、守屋選手の決勝点やINAC神戸の勝利を称えるメッセージが続々寄せられていた。

 昨年12月のWEリーグ第6節浦和L戦でもボレーシュートを決めるなど、持ち味のクロスや運動量だけでなく、今シーズンは得点でもインパクトを残している守屋選手。右サイドのスペシャリストとしてJリーグ・ヴィッセル神戸時代は活躍していたINAC神戸の朴康造監督からの薫陶を受け、大きく成長を遂げている背番号2は、2023年もさらに飛躍する1年となりそうだ。近藤は、「今、すごく自信を持ってやっていると思う。間違いなく、代表に入るんじゃないかな」と、なでしこジャパン初選出に期待を寄せていたが、今夏に迫る「FIFA 女子ワールドカップオーストラリア&ニュージーランド 2023」での大抜擢も楽しみなところだ。

 番組のなかでは、愛川選手、箕輪選手、井手ひなた選手といった高卒ルーキーの活躍を称えるとともに、8日午後に行われた高校女子選手権決勝や、翌9日の男子の高校選手権決勝の話題などにも触れた近藤と赤崎。高校選手権に出場経験のある近藤は、「女性も男性も、3年間、高校サッカーを頑張ってきたみんなは、絶対にこれからの人生で、間違いなく今までやってきたサッカーがいきてくるし、サッカー以外に進んでもそれは間違いないから。今までやってきたことを次のステージでも生かしてもらいたい。また、プロを目指す子はこれからたぶん、いろんなリーグや、大学に進学してやっていくと思うので、ぜひプロを目指してやってほしい。プロはやっぱり素敵な世界だから、そこに行ってほしいし、頑張ってほしいなと思います」と、未来の日本サッカー界を担う高校生たちにエールを送っていた。