兵庫県警は7日、部下に対するパワーハラスメントがあったとして、尼崎北警察署長(59)を本部長注意処分とした。階級は警視。署長は14日付で交代する。

 監察官室によると、署長は2023年5〜11月、署内で「何で分からへんねん」「ちゃんと把握しとけ」などと幹部署員に大声で叱責し、ハラスメント行為を日常的に繰り返したという。

 11月中旬、関係者から「署長のパワハラが原因で署員が萎縮している」などという内容の情報提供を受け、調査の結果、男性署員約10人が被害を受けていたことがわかった。聞き取りでは「何も言えず、愛想笑いするしかなかった」などと話す署員もいたという。

 署長は「職場環境を悪化させてしまい、申し訳ない」などと話しているという。