兵庫県宝塚市の山崎晴恵(やまさき・はるえ※)市長が、このほどラジオ関西の生番組に出演し、「宝塚市は、住む人も訪れる人も、幸せな気持ちになれるまち」と、市の魅力について語った。

 宝塚市は兵庫県の阪神地域にあり、人口およそ22万2000人。市の名前の由来について、山崎市長は「市内にたくさんの古墳(塚)があり、その横で物を拾うと全てお宝だったという伝説から“宝塚”という名前になった」と紹介した。

 市の代名詞とも言えるのが宝塚歌劇。JRと阪急電鉄の宝塚駅から大劇場へつながる「花のみち」は、文字通り四季折々の花を一年中楽しめる。

 また、漫画家・手塚治虫氏が5歳から24歳まで過ごしたまちでもあり、今年開館30周年を迎える「手塚治虫記念館」には多くの観光客が訪れる。山崎市長は「手塚作品には、宝塚での経験がたくさん生かされていると感じる」と話した。

 さらに、スポーツ界では、水泳男子飛び込みでオリンピック6大会に出場した寺内健さんの出身地であり、同じく同市出身の玉井陸斗選手も活躍している。市の北部ではダリアの花の生産も盛ん。球根の国内シェアは40パーセント以上を誇る。

 山崎市長は、市の一番の魅力を「市民」とし、「誇れる高い市民力で、少子高齢化時代を乗り越えたい。そのために、22の企業や団体、大学と、宝塚市との間で包括連携協定を結んでいる」と話した。具体的には「子どもや高齢者の熱中症対策や、駅前の再生プロジェクトなどに企業の力が生かされてる」とし、「みんなの力を結集して、宝塚市は生き残って行かなければならないと考えている」と強調した。

 宝塚市は、2024(令和6)年4月に、市制70周年を迎える。記念のロゴマークは、手塚作品のイメージから「火の鳥」が羽ばたく様子と、市を流れる武庫川を宝塚歌劇の大階段に見立てたデザインとなっており、市民の投票により決定した。

 記念事業のひとつとして、4月20日に市内のだんじり19基のうち15基が一堂に集まる「宝塚だんじりパレード」が行われる。山崎市長は「宝塚にだんじりのイメージはないかもしれないが、ひとつひとつ素晴らしい芸術作品のようで、引く人の熱意もすばらしい。だんじりは地域のつながりを強くするもので、次世代につないでいきたい大切なもの」とした。

 また、阪神競馬場があるのも宝塚市。4月7日にG1レース「桜花賞」が行われ、この日に「宝塚市制70周年記念レース」が予定されている。 

 さらに山崎市長は、70周年記念イベントの案として、宝塚らしいギネス記録への挑戦を挙げた。内容は現在調整中とした上で、「この1年間、70周年を市民みんなでお祝いしたい」と話した。

 宝塚歌劇のイメージが強い宝塚市だが、市内には「宝塚温泉」「武田尾温泉」といった温泉、「中山寺」や「清荒神」などの神社仏閣もあり、JR福知山線の廃線跡はハイキングコースとして親しまれている。

 観光するには「宝塚観光ガイドブック〜夢をさがしに、宝塚」が便利。「自然散策コース」や「観光プロムナードコース」などのモデルコースが紹介されている。山崎市長は「宝塚市は、住む人も、訪れる人も、幸せな気持ちになるまち。宝塚への愛ある皆さんと一緒に、市制70周年の機会に盛り上げ、輝く未来へつなげていきたい」と締めくくった。

 ※「崎」はたつさき。

 ※ラジオ関西『三上公也の朝は恋人』より