投票した温泉地のペア宿泊券が当たる「温泉総選挙2017」が10月31日まで、公式サイトで行われている。新潟県妙高市の妙高高原温泉郷が2017年7月25日現在、「健康増進部門」で1位、「関東・甲信越エリア」で5位と健闘をみせている。

https://onsen-ouen.jp/
トップ

「温泉総選挙」は、環境省、観光庁、経済産業省、内閣府が後援し、温泉地の活性化推進を目的とした地域活性化プロジェクトで、主催は「うるおい日本プロジェクト」。昨年に続き2回目となる “総選挙” には、全国から83温泉地がエントリーし、7月1日から投票が始まった。

投票者は公式ウェブサイト上で、7つの「エリア」、9つの「部門」から、お気に入りの温泉地を選び投票する。1つのメールアドレスにつき1日1回の投票が可能。同じ温泉地に3票を投票することで、1回の抽選権利が得られる。また、投票すればするほど当選確率が高くなる仕組み。毎月月末に締め切り、抽選で当選者を決める。投票した温泉地ごとに毎月1組2人に2万円分のペア宿泊券が当たる。

妙高市の妙高高原温泉郷は、7月25日午後6時現在、「健康増進部門」では1511票で第1位、「関東・甲信越エリア」で1823票を集めて5位につけている。

妙高市観光協会の遠間和広副会長は「エントリーすることで、全国に名前と特徴などを知ってもらえる。上越地域唯一のエントリーなので、ぜひ投票してほしい」と話している。

◇妙高高原温泉郷への投票はここから https://onsen-ouen.jp/onsen/detail?oid=51#vote

◇温泉総選挙2017の公式サイト https://onsen-ouen.jp/