上越妙高駅東口に平安セレモニー(新潟県上越市高土町3、東山忠之社長)が葬儀場「セレモニーホール MIRAIE(ミライエ)上越妙高」を2018年2月にオープンする。2017年7月31日、現地で安全祈願祭が開かれた。首都圏などの親類縁者が参列しやすい新幹線駅に隣接した立地で、上質で快適な空間を提供するとしている。

現地で安全祈願祭が行われた
DSC_4198

場所は、東口の土地区画整理事業地内の南端で、住所は大和2。敷地面積は3234平方m。建物は木造平屋建てで延床面積約450平方m。40人程度から最大80人規模の式場で、駐車場は80台分を用意した。シンプルで近代的な外観で、雨などでも参列できる「おみおくりロード」は木のぬくもりが感じられる作りとなる。

完成予想図
上越妙高2_image

上越、妙高、糸魚川の3市に展開する同社の葬儀場としては6か所目で、今回新たにミライエという新たなブランドを立ち上げた。同社では「亡くなった方を弔うとともに、残されたご遺族の進む道を明るく示すきっかけづくりとなり、未来が見えるような葬祭式場としたい」としている。

建物は来年1月には完成し、2月にオープンする予定。