ふわふわのブリオッシュに生クリームをたっぷり挟んだイタリア・ローマ発祥の伝統菓子「マリトッツォ」。魅惑的な見た目と軽い口当たりで現在全国的に人気が高まっており、新潟県上越市南城町1の「おいしいパンの店ソフィー」でも2021年4月下旬に発売し、人気を集めている。

ソフィーのマリトッツォ
20210501-DSC_2265-2

マリトッツォは、バターと卵をふんだんに使用したスイーツのようなパン生地のブリオッシュに、あふれんばかりの生クリームをサンドした一品で、ローマでは朝食としてよく食べられている。

輸入食料品店「カルディコーヒーファーム」が昨年11月にマリトッツォの冷凍商品を発売後、今年に入ってから全国チェーンの喫茶店やパン店、菓子店などで取り扱う店が急増。写真映えする見た目からSNSでも話題となり、グルメ雑誌やテレビ番組で特集が組まれるなど人気を拡大している。

ソフィーでは、テレビでマリトッツォの存在を知ったスタッフの提案で、4月24日から販売を始めた。山崎美矢子代表取締役によると、同店では元々ブリオッシュ生地のパンを作っており、挑戦しやすかったという。生クリームは乳脂肪分25%のものを使用。ほかのパンに使うものより高く、コクのあるリッチな味わいにこだわった。クリーム部分にスライスしたイチゴを飾り、愛らしく仕上げている。

「クリームを奇麗に挟むのが難しい」と話す山崎代表取締役
20210501-DSC_2246-3

発売後、子供用に連日購入する人などすでにファンが付き、予約も増えているという。山崎代表取締役は「これまで流行りのパンを作ることはなかったが、今回は提案があってすぐに作った。ぜいたくなパンなのでブリオッシュを作る店は(上越に)あまりない。話題のパンを一度召し上がってもらえたら」と話している。

価格は1個300円。販売期間は気温が上がる夏前までの予定。営業時間は午前8時から午後5時まで。日、月曜定休。電話 025-526-6366。