【宮城=外処郷平、佐藤秀樹】全国高校総合体育大会(インターハイ)第8日は4日、南東北3県で8競技が行われ、弓道男子団体は市前橋が準決勝で敗れたものの、掛川東(静岡)との3・4位決定戦を7—5で制し、県勢男子初の銅メダルを獲得した。 フェンシング女子団体は高崎商大附が3回戦で開新(熊本)に4—5で敗れ、16強で姿を消した。(カメイアリーナ仙台) ▽男子団体準々決勝(20射)市前橋 13−12 松江北(島根)(市前橋=神道3中、杉村1中、野口3中、佐野2中、菅野4中)(松江北=山田2中、山本3中、青戸3中、寺本2中、町田2中) ▽同準決勝(20射)祐誠(福岡) 18−15 市前橋(祐誠=滝内4中、古賀3中、中嶋3中、斎藤4中、諸藤4中)(市前橋=神道3中、有馬4中、野口3中、佐野2中、菅野3中) ▽同3位決定戦(10射)市前橋 7−5 掛川東(静岡)(市前橋=神道2中、有馬2中、野口2中、佐野0中、菅野1中)(掛川東=海野0中、朝比奈0中、矢崎1中、坂下2中、山崎2中)