家電量販店最大手のヤマダ電機(群馬県高崎市栄町)は8日、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売方法について、一部店舗で不適切な対応があったとして、おわび文を公式ホームページに掲載した。 ヤマダ電機によると、スイッチとWi-Fi接続機器「ソフトバンクエアー」を同時購入した人に、スイッチ用ソフトをプレゼントする販売促進を実施していた。 一部店舗の店員が、スイッチ単品での購入はできないが、接続機器とセットならば購入できる旨を説明し、同機器の購入を勧めたとの指摘が寄せられた。 同社は「店員に対する指導が十分でなく、お客さまにご迷惑をお掛けいたしましたことを深くおわびします」と謝罪。こうした販売方針を一切認めていないと説明した。