群馬県の「校旗を作ろうプロジェクト」に参加した小学校50校の児童が育てた蚕の繭から8.1キロの生糸ができ、8日までに県に納められた。 今月中に桐生市内の染織業者に届け、校旗用の生地に仕立てる。