群馬県伊勢崎市民有志の手で復活させた伊勢崎銘仙の技法、併用絣(がすり)が世界最高峰のお墨付きを得た。「赤いレンガ造り」と名付けられたデザインが、ロンドンのビクトリア&アルバート博物館(V&A)に永久保存されることが9日までに決まった。 展示会などの際に各国から訪れる来場者に披露されるとみられ、伊勢崎銘仙や群馬県の絹文化の魅力を世界に発信し、後世に伝える弾みになりそうだ。