「山の日」に合わせて富岡市観光協会は11日、妙義山登山安全祈願を妙義神社で初めて行った。関係者や住民ら約40人が、神事を通して登山者の安全を祈った。 川島邦夫宮司によるおはらいや祝詞の後、みこが早神楽(はやかぐら)を舞って鈴ばらいし、参列者が玉串をささげた。協会妙義山特別委員会の中島清委員長は「事故なく妙義山を楽しんでもらえるよう、今後も安全祈願を続けていきたい」と語った。