野球の独立リーグ、ルートインBCリーグで東地区首位の群馬ダイヤモンドペガサスは12日、高崎城南球場で福井と対戦し、カラバイヨの4打席連続本塁打などで12—0で大勝した。通算成績は15勝5敗2分けで、後期地区優勝へのマジックを2減らして11とした。次戦は13日午後1時から、同球場で武蔵と戦う。群馬−福井1回戦(12日・群馬1勝、13時、高崎城南、794人)福井ミラクルエレファンツ 000 000 000—0 101 405 10×—12群馬ダイヤモンドペガサス▽勝 トーレス21試合8勝5S▽敗 浜岡22試合3勝5敗▽本塁打 カラバイヨ26号①、27号③、28号②、29号①、速水6号③(以上群)