新型コロナウイルスの影響で、外食産業が軒並みダメージを受ける中、庶民の味方であるサイゼリヤが2020年7月1日から価格改定に踏み切りました。

 やはり売上の減少が……と思ったら、税込価格の末尾を50円または0円に統一することで、細かい小銭の受け渡しを減らし会計を素早くさせることが狙い。約140種すべてのメニューが対象で、値上げ額は大半が1円程度。定番品は10〜19円程度値下げするものもあるといいます。

 ところで、サイゼリヤで一番人気のメニューは何だと思いますか。種類豊富なパスタ? それとも定番のドリア? そこで女子SPA!は、全国の「サイゼリヤ好き」なアラフォー(35〜44歳)女性100人を対象にアンケートを取ってみました。令和に人気なのはどのメニューだ!?

========
アラフォー女性が選ぶ「好きなサイゼリヤのメニューランキング」
※複数回答

10位 アラビアータ(400円) 10%
10位 ほうれん草のグラタン(400円) 10%
10位 デミグラスソースのハンバーグ(500円) 10%
10位 ハンバーグステーキ(400円) 10%
6位 チーズたっぷりミラノ風ドリア(400円) 11%
5位 チョコレートケーキ(300円) 12%
4位 ペペロンチーノ(300円) 18%

========

 10位はパスタ、グラタン、ハンバーグとしっかりしたメニューが並びます。給料日前でお財布がピンチ、でもお肉を食べたい……。そんなときにサイゼのハンバーグは最強。

 ハンバーグステーキなんて単品で400円、ライス(小)をつけてもワンコインという破格の安さです。ちなみに、ほうれん草のグラタンは、小食で野菜もしっかり摂ってますと“女子アピール”したいときに使えるメニューだと筆者は個人的に思っています。

 6位のチーズたっぷりミラノ風ドリアは、その名の通りミラノ風ドリアにチーズがかかった一品。こってりしたものが無性に食べたくなったときにチョイスしたくなります。カロリーはお高め(722キロカロリー)なうえに、数時間後には小腹が空くとわかっていながらつい食べてしまう魔性の食べ物です。

 サイゼといえば、デザートのクオリティも高い。企業がおすすめとして挙げているティラミスを押しのけて、アラフォー女性から支持を集めたのがチョコレートケーキです。

 シンプルながら満足できる味で、300円なら……とつい追加オーダーしてしまった経験のある人は多いでしょう。今回のアンケートでは5位となり、デザート勢では唯一のトップ10入りとなりました。

 4位はペペロンチーノ。通常サイズ300円、大盛りでも450円というお手頃な値段です。ペペロンチーノのいいところは、パスタの中ではカロリーが低いこと。罪悪感がちょっと少なくなります。

◆3位 小エビのサラダ(350円) 20%
「サイゼに行ったら必ず頼む」という人も多い小エビのサラダが3位。レタス、トマト、エビとシンプルな材料だからこそ副菜としてちょうどよく、ドレッシングもまたおいしいんですよね。

 男女問わず人気ですが、上級者になるとこのサラダとアーリオ・オーリオを頼んで、サラダパスタにするんだとか。さっぱりしていて、なかなか好評なようです。通常サイズは350円、Lサイズは500円なので、最近野菜が足りてないなというときはサイズアップするのもありですね。

◆2位 マルゲリータピザ(400円) 24%
 ピザ類の中で人気ナンバー1のマルゲリータがアンケートでも強さを見せました。400円とお手頃ながら水牛のモッツァレラチーズがしっかり使われており、ファンは多数。

 友だちとシェアするのもいいですが、シンプルな味なので1人でペロっといけちゃうんですよね。サイゼ飲みのお供として外せない一品です。

◆1位 ミラノ風ドリア(300円) 36%
 堂々の1位は、やはりミラノ風ドリアでした。確かな味と圧倒的なコスパ。「これしか食べたことない」「行ったら2個頼む」そんな声も珍しくなく、最近ではテイクアウトする人も出てきました。

 7月から価格が変更になり300円に。くだんの「1円値上げ」の対象商品だったわけですが、そのニュースを見て無性に食べたくなった人もいたようです。サイゼといえばこれであり、“絶対的エース”として不動の地位を築いています。

 今回のアンケートの上位は定番メニューが占め、改めて人気の高さをうかがわせました。特にミラノ風ドリアの強さは圧倒的。今後も1位に君臨し続けるでしょうが、そろそろ“新たな刺客”の登場にも期待したいところです。

※価格はすべて10%税込み

【調査概要】
調査会社:株式会社リサーチプラス
調査日:2020年7月10日
調査対象:「サイゼリヤ好き」な全国の35歳〜44歳女性100人

<文/女子SPA!編集部>