こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

恵さん(仮名・36歳)は、20代後半から付き合っている彼氏に結婚する気がないと言われて別れることになった女性です。久々に恋人探しをすることになりますが、周りからは「もういい人なんて残っていないよ」と言われる始末。

紹介を頼めないのならば、婚活でもしてみるしかない。婚活経験のない恵さんが真っ先に思い浮かんだ婚活は「街コン」「婚活パーティー」でした。

◆婚活パーティーで36歳は「最高齢グループでした」
街コン・婚活パーティーを検索してみると、「女性27〜35歳、男性30〜39歳」「女性29〜26歳、男性31〜38歳」という年齢区分のパーティーがあり、同年代男性が参加するパーティーに自分が参加できないことや、36歳の自分が年齢のくくりで最高齢グループに相当することにびっくりします。

「でもアラサーと比べられるのは困るから、このアラフォー向けに参加しよう」と、女性32〜42歳、男性35〜42歳のパーティーに申し込んだ恵さん。しかし前日になりパーティー会社から「お申込みいただいたパーティーは人数が集まらず中止になりますが、同じ日に同じ会場で30代40代の方が参加するパーティーがあるのでこちらに参加しませんか?」と連絡がきます。

◆太っていなくて髪のある男性がいい“だけ”なのに
恵さんは「パーティー」というのだから何十人もの人がいると思っていたそうですが、参加者は男性8人女性8人でした。会場に着いて受付を済ませるとすぐに半個室に案内されたので、他の女性が何歳ぐらいなのかは見えません。個室に一人ずつ男性が入ってきて、5分ほど会話する仕組みです。

参加していた男性8人中、5人は太っていたそうです。また、同じ30代は3人のみで残り5人は年上の40代。恵さんの番号を希望している男性は髪の毛が寂しめな46歳でした。

「マッチングした人以外は先に会場から出るんですが、『いいな』と思える男性もいなくて、『まだマシ』レベルの男性も他の女性とマッチングして、ものすごくみじめな気分になりました。36歳という年齢がネックなのは分かるけど、こんなに厳しいとは思いませんでした!」

せめて太っていなくて、髪ぐらいがある外見の人がいいのに出会えないんです。と、恵さんは嘆きます。

◆平成生まれは婚活パーティーを使って婚活する人が少ない
「婚活パーティーに行ったらおじさんばっかり。もう結婚願望がある普通の男性と付き合うって難しいんでしょうか?もう売れ残りばっかりって感じだったんです」

「婚活パーティーだからおじさんなんだと思いますよ。手軽に始める婚活だと若い方ほどマッチングアプリかなぁ」

「そうなんですか?!」

リクルートブラダル総研の発表している「婚活実態調査2021」によると、全体で利用者が最も多い婚活サービスはマッチングアプリです。ただし年代別で見ると、40代女性で最も利用経験者が多いサービスは婚活パーティーなのです。

婚活パーティーは、20代の利用経験者は男性5.4%、女性5.7%と少ないですが、30代になると男性8.5%、女性16.6%と増えます。逆にマッチングアプリは若い世代の方が利用率が高く、40代になると減るのです。

「マッチングアプリは写真も出るし『体型』って欄もあるので、初めにある程度の希望で絞ってからお相手を探せるんです。今はこういう、会う前に年齢などが分かる1対1の出会い方が主流ですよ」

「じゃあ、マッチングアプリもやってみます」

「もちろん使ってもいいけど、マッチングアプリは結婚願望がない男性もいるからね。元カレさんみたいな」

「えええ!」

◆30代男性の3割、40代男性の4割が肥満という現実
恵さんの希望を聞いてみました。

「元カレは結婚の話をしようとしても向き合ってくれなくて。振るならもっと私が若いうちに振ってほしかった。だから、話し合いたい問題があるときにうやむやにしないで、ちゃんと向き合って二人で話し合える人が理想です。フィーリングが合って、優しくて、ちゃんと結婚するつもりでいてくれて、最低限度の清潔感がある普通の人がいい」

「最低限度の清潔感って?」

「太っている人は無理なんですよね。今までそういう人と付き合ったことがないし。髪もあった方がいい」

「恵さんの希望は『普通の人』じゃないですよ。今までの彼氏は、付き合い始めたのが29歳以下でしょう。20代男性って肥満に相当する方が2割ぐらいしかいないので、20代までなら太っていない人を希望するってそんな難しいことじゃないと思うんです。
でも、30代だとだいたい3人に1人ぐらいが肥満。30代後半ぐらいからもっと肥満率は上がって、40代だと4割が肥満ですよ(*1)。薄毛に関しても30代で4割ぐらい、40代だと5割ぐらいの男性が薄毛で悩んでいるみたいですよ(*2)」

「えええ!そんなに!?」

*1 厚生労働省「令和元年 国民健康・栄養調査結果」肥満及びやせの状況より
*2 ボイスノート「薄毛に関するアンケート」より

◆完成された理想の男性より、育てられる男性を見つける
「驚いたけど、言われてみれば確かになぁ。職場でもそんな感じかも。ただ、太めの上司もいるけど、シャツのボタンがはちきれそうとかそういうことはないんです。だから太っていても清潔感はあったんですが…婚活パーティーにいた方って、ほんと申し訳ないけどなんか服がパツパツだったり、ダボダボだったりしたんです」

「その上司って既婚者ではないでしょうか?太ってパツパツになったら家族が注意して、服を買いなおすんだと思いますよ。その上司だって奥さんがいなかったら婚活パーティーの男性みたいにパツパツになっているかもしれない。
完成された理想の男性を探さないで、服なんてお付き合いしてから一緒にコーディネイトすればいいんだから、話し合いができて結婚願望がある男性を探したらどうでしょうか?」

「そうですよね。そんな都合がいい男性が残ってないですよね。いたら何か問題あるかもしれないし。それに同年代男性は私より若い女性とも会いたいですよね」

◆「婚活してみてよかったです」
その後、恵さんは結婚相談所とマッチングアプリを併用して婚活をスタートします。最近、結婚前提でお付き合いする相手が見つかったと連絡がきました。

「元カレとは付き合ったり別れたりを繰り返していて、その時に、友達が企画してくれた合コンで出会った男性がいたんです。地味だし当時は何とも思っていませんでした。でも私が婚活を始めたことを知った友達に『あの人まだ独身だから連絡とってみれば?』って言われて会ってみたんです。

柄Tシャツにチェックのシャツを羽織って変な恰好だし、お腹は出てるしダサいなって思ったけど、前ほど抵抗がなかったというか。二人で会って4時間ぐらいずっと話していられて楽でした。身近にいた良い人に気が付けたので、婚活してみてよかったです」

恵さんに彼氏の服装は変えたのか聞いたところ「付き合ったら変えるつもりでいたんですけど、そこはどうでもよくなって相変わらずダサいままです」だそうです。

※個人が特定されないよう一部脚色してあります。

<取材・文/菊乃>

【菊乃】恋愛・婚活コンサルタント、コラムニスト。29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活を綴ったブログが「分かりやすい」と人気になり独立。ご相談にくる方の約4割は一度も交際経験がない女性。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。Twitter:@koakumamt