三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)のヴォーカル登坂広臣が、ソロ名義「ØMI」でコンセプチュアルな世界観を追求した「ANSWER」シリーズが、いよいよ完結!

 3rdアルバム『ANSEWR...』を携え、全国9会場17公演を回るアリーナツアー『ØMI LIVE TOUR 2022 “ANSWER...”』のファイナル公演が、4月28日、愛知県の日本ガイシホールで行なわれた。文字通り、アリーナ規模の会場でのライブは、どの座席からでも十分にステージ上の登坂が鮮明に見える身近さが感じられた。

「イケメンとLDH」をこよなく愛する筆者・加賀谷健が、その瞬間から片時も目を離さず、聴き逃すことなく、ステージ上の登坂に心打たれたファイナル公演をレポートする。

◆オープニングの映像演出
 2階スタンド席の最前列に、5分前には着席した筆者は、ステージに対する目線など確認しながら、ステージ後方中央に配置されたLEDモニターの画面に何が映るのか、想像しながら開演を待った。「さすが臣君は、後輩思いだな」と、早くも涙を拭いながら、まだメジャーデビュー前の「PSYCHIC FEVER」のオープニング・パフォーマンスを楽しむ。左右のスタンド席、アリーナ、そして会場全体にクラップ(拍手)を促し、登坂の登場まで会場を温める。

「PSYCHIC FEVER」のパフォーマンスが終わり、モニター画面に3分のカウントダウンが表示される。20秒を切ったあたりで、客席から拍手コールがはじまる。会場全体の照明が徐々に暗くなり、登坂のソロ・プロジェクト「CDL entertainment」(CDLは、Clair de lune「月の光」の略)のロゴがスクリーン上に浮かび上がる。

『ホットロード』(2014年)、『HiGH&LOW THE RED RAIN』(2016年)、『雪の華』(2019年)の3本の映画に主演し、演技力は折り紙付きの登坂は、これまでのソロ・ライブでも必ず自分が出演するドラマ仕立ての映像を重要な演出にしていた。「ANSWER...」シリーズが、あれだけコンセプチュアルな世界観をミュージック・ビデオで表現していたのだから、オープニングは、必ず映像をメインにするだろうという予想は的中した。

◆圧巻の「Chapter1 SHADOW」
 全編モノクロームの画面の中で、何かから逃げるように走る登坂。「Chapter1 Shadow」の字幕。登坂を追うのは、どうやら黒々とした影のようだ。迫る影に追われながら、いくつものミュージック・ビデオの断片がフラッシュ・バック。追いつめられた先には、「ANSWER...」シリーズの世界観を象徴するアルテミス(月の女神)像があり、彫像越しに光が差し込む。眩い光を見つめる登坂の表情で映像は終わり、1曲目の「ANSWER...SHADOW」が歌われる。「答えのない In My dark Moon Light 」のサビが、観客の心を揺らめかせながら、いよいよ開幕。

 けれど、ステージ上に登坂の姿はない。ステージ裏で歌声を響かせたまま、曲を歌い切る。このままステージに登場しないのか、と思いきや一転、燃え上がる炎がモニターとステージを照らし出し、花火が打ち上がる。スクリーンの間から黒い衣装に身を包んだ登坂が堂々と登場し、大歓声の客席が一斉に立ち上がる。バックダンサーとともに後ろからアルテミス像が現れ、熱気ある官能性に溢れた2曲目の「Can You See The Light」へ。

 「HIROOMI TOSAKA」名義の「NAKED LOVE」と「OVERDOSE」の選曲は粋そのもので、2019年4月10日リリースのシングル『SUPERMOON』収録曲で、劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』(2019年)主題歌の「BLUE SAPPHIRE」では、異国風でリズムカルなメロディーに思わず足元でステップを踏んでいた。2021年5月12日リリースのØMIによるEP作品『ANSWER...SHADOW』収録曲「Colorblind」で、影の世界を象徴的にフィナーレへ運び、追いついた影を登坂が打ち抜くモニター映像によって圧巻の「Chapter1 SHADOW」が締めくくられる。

◆魔法の歌声に対する愛の灯火
 ライブ中、筆者は逐一メモを取っていた。会場内の照明が暗くなる演出でも、幸い、そこら中に光るペンライトの青い光が手元を照らしてくれた。今、この瞬間を目に焼き付けつつも、言葉を紡がなければと思い、特に登坂のMCの一言一言は正確に記述しようとした。「Chapter2 SHINE」で影の世界から翻って、光の世界に衣装チェンジされた登坂の純白の衣装が神々しく、彼の言葉も清々しかった。

「最後まで心を込めて駆け抜けたいです。この景色、会場、僕のエンタテインメントを目と心に焼き付けてください」と、客席に心ある言葉のギフトを贈る。続けて、「この曲でひとつになりましょう」と、愛のあるMCを聞いたとき、その言葉に相応しいのは「Starlight」しかないと思った。メロウなイントロに耳を澄ませながら、ノートに書きなぐり続けたものの、やっぱり筆者もペンライトを振らずにはいられなかった。

 左右、上下と客席上をペンライトがウェーブ。その動きをまとめあげ、自在にコントロールするかのような魔法の歌声。頭上を揺らめくブルーの光は、まるで魔法の歌声に対する愛の灯火のようだった。ステージ中央から、客席に向かって美声を発する臣君から客席のひとりひとりが、何を隠そう、正真正銘の愛をキャッチしていたからだ。

 ステージと客席にはまるで気流のような一体感があった。それを象徴したのが、次曲「HEY」であり、初めて客席の映像が映され、HEYの青文字が重なっていた。呼びかけ、呼びかけ返す。こうしたシンプルなやり取りにこそ、深い感動は宿る。コロナ禍のライブでは、マスク越しでさえ、声援を送れない分、この灯火がまた、歌声に乗せられたその愛へのエール(応え)となる。そして、そのエールこそ、登坂が求め続けた「答え」(ANSWER)を導く。

◆「ANSWER」シリーズの答え合わせ
 アーティスト登坂広臣の素晴らしさは、決してぶれない一貫したテーマ性にある。「ANSWER」シリーズで深められた光と影の表現。彼が探求してきた「ANSWER」とは、いったい何だったのか?

「自分自身が何者なのか、という問いかけを前作『Who Are You?』でやって、その答えとして自分の光と影を見せようと『ANSWER...』を作りました」とライブMCで自ら解説する登坂。

 2021年10月15日リリースのシングル『ANSWER...SHINE』のリード曲「You(Prod.SUGA of BTS)」では、光の世界がポジティブに歌われる。「この場所でわかったんだ」という歌詞には、その時点での「答え」を経過点として読み取ることができる。でも、答えは決して見つからないからこそ、探求され続けるものだ。そんな簡単に答えが見つかってしまったら面白くないし、むしろ見つからない喜びがある。

 人生に答えがないように、表現にも答えや正解はないに等しい。答えを探求する過程で生み出された数々の楽曲。それがそのときどきの答えだと言うこともできるし、「ANSWER」シリーズの答え合わせについては、色々な解釈ができる。見つからない答えを探求するのが「表現活動」だとするなら、答えが見つからないから登坂は、どんどん楽曲をつくる。「新しい表現」が「答え」の代名詞じゃないだろうか?と、筆者はライブ前に考えていたんだけれど。

◆「After the rain」の「you」
 近づくクライマックス。このライブツアーのステージを意識して作ったという「Just the way you are」を爽やかに、ポップに歌い切った登坂が、「この曲の解釈、意味が、色々変化」と語り、満を持して歌うのが、「After the rain」(収録では、三代目JSBツインヴォーカルの今市隆二がコーラスで参加)だった。

 セットリスト中唯一のバラード曲である「Afeter the rain」を聴いたとき、何か、登坂の音楽的な根源に触れたような気がした。登坂の音楽世界に改めて共振できたような感覚。非常に不思議な心地よさだった。ソフトでいながら、パワフルなサビの歌唱が、鮮やかにリスナーの心を整え、解き放つように飛翔させる。

「探して見つけた その答えはyou」と歌われると、モニターには、黄昏の空が流れ、画面下手に、サビを歌い上げる登坂の表情が重なる。「空を見て 気づいたんだ 世界は愛で溢れている」と結ばれるとき、一瞬、額の汗が滲んだのが、美しかった。後は言うまでもない。「僕の答えは、みなさんです。ファンのみなさんです」と、すこしだけ照れくさそうに微笑む登坂に対して、「臣君...」と、客席の誰もが、そう心の中で静かに呟くだけだった。

◆ひとりの人間としての誠実さ
「After the rain」の熱唱のあと、会場中が一瞬だけれど、静寂に包まれた。アンコールとなった「Chapter3 UNDER THE MOOMLIGHT」では、底抜けに明るく、ポジティブな臣君の姿が、鮮明な輪郭で輝いていた。曲間には、ファイナル公演ということもあり、言葉を探し、噛み締めながら、ファンへの感謝を何度も口にした。

 何気ない一言一言なのに、切実な感謝の気持ちが、愛をより滲ませる。ほんとうに愛情深い人なんだと思う。優れたアーティストである以前に、ひとりの人間としての誠実さに、筆者は思わず心を打たれた。

 モノクロームの映像によってはじまったライブの最後には、エンドロールまでついていた。まるで映画のような本編に付随する「Chapter4」の映像では、「あなたは何者?」、「あなたはどこからきたの?」、「あなたはどこへ行くの?」と、何かを悟った登坂の精悍な表情に、根源的な3つの問いが重ねられる。この問いに対する答えを改めて問う必要はないだろう。この先、次なるコンセプチュアルな世界観から繰り出される新曲リリースを楽しみに待つファンが、かけがえのないの「you」であることに変わりはないのだから。

<セットリスト>
M01. ANSWER... SHADOW
M02. Can You See The Light
M03. Nobody Knows
M04. NAKED LOVE
M05. OVERDOSE
M06. BLUE SAPPHIRE
M07. Give up
M08. Colorblind
M09. SHINE
M10. You (Prod. SUGA of BTS)
M11. Starlight
M12. HEY
M13. DIAMOND SUNSET
M14. Just the way you are
M15. After the rain

Encore
M16. UNDER THE MOONLIGHT
M17. CHAIN BREAKER
M18. HEART of GOLD

<取材・文/加賀谷健>

【加賀谷健】音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代から夢中の「イケメンと映画」をテーマにコラムを執筆している。
ジャンルを問わない雑食性を活かして「BANGER!!!」や「映画board」他寄稿中。日本大学映画学科監督コース卒業。Twitter:@1895cu