こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。トップスボトムスの組み合わせを考える必要なくサクッと着られるオールインワン。

楽にコーデが完結するイメージがありますが、シルエットバランスが悪いと急に太って見えてしまうので注意が必要です。また、「オールインワンを着ていたら妊婦さんと間違われてしまった」なんていう話もちらほら。

今回は、オールインワンコーデが太って見えてしまう原因と、スタイルアップさせるコツをご紹介します。

◆自分の背丈や体型に合ったデザインの選び方
オールインワンとひと口にいっても、デザイン、シルエット、ストラップの幅、素材などさまざまな面において多種多様なアイテムが登場しています。そのなかから、自分に合うオールインワンを見つけることが大切。

オールインワンは大きく分けて、Aラインシルエット・Iラインシルエット・Xラインシルエットが主流となっています。なかでも、裾(すそ)幅がフレアなAラインとストンとした落ち感のあるIラインシルエットが今っぽいオールインワンコーデを作るのに向いています。

ただし、背が小さい方やぽっちゃりさんは、Iラインシルエットのオールインワンだと野暮ったく見えてしまいやすいのでAラインまたはXラインを選びましょう。
この他、肩幅が広い方や鳩胸さんは華奢(きゃしゃ)なストラップデザインのオールインワンは上半身のたくましさを強調するので向きません。幅広ストラップで、ポケットのないシンプルなデザインなどを選びましょう。

◆スッキリ見えの秘訣「タイトorコンパクトなインナーを合わせる」
Aラインなど、ゆったりとしたシルエットのオールインワンの場合、インナーはできるだけコンパクトで体にピッタリとフィットしたデザインのアイテムを選びましょう。

そうすると全身のコーデのバランスが整い、痩せ見えすることができます。トップスの袖(そで)丈はノースリーブ〜5分袖を目安に選んでください。また、襟(えり)もとのデザインもご自身の体型に合わせて取り入れましょう。

肩幅がしっかりしている方はデコルテラインが程よく露出されたボートネック。なで肩さんは、クルーネックタイプで袖丈はフレンチスリーブ(身頃から切り替えなくそのままカットされた袖)orキャップスリーブ(肩先が隠れる程度のごく短めの袖)で肩まわりに立体感を出すと良いですね。また、バストが大きい方は縦線の入ったリブ素材インナーを選ぶと比較的バストラインが目立たなくなるのでお試しを。

◆スッキリ見えの秘訣「上からジャケットorカーデを羽織る」
オールインワンは上下がつながっているぶん、メリハリのあるボディラインをコーディネートで表現するのが難しいです。そんなオールインワンコーデをスッキリ見せるには羽織りものを重ねるテクニックも有効です。

Aラインシルエットのオールインワンにはミドル丈のダブルジャケットを(夏ならリネン素材のハーフスリーブジャケットが◎)。IラインやXラインシルエットのオールインワンにはショート丈ボリュームスリーブカーディガンを組み合わせるのがおすすめです。

カーディガンやジャケットを羽織るメリットとしては二の腕やバストまわりの肉厚感をカバーすることができる点。インナーをコンパクトにしても痩せ見えしない時は、カーディガンやジャケットを羽織ってカバーアップしてみてくださいね。

ちなみに以前人気を博したロングカーディガンは、現在取り入れると着こなしがやや古いイメージになるので避けたほうがベターです。

◆アクセサリーやバッグで視線を分散させる
コーディネートは何においてもバランスが大事。トップスとボトムスの丈感や、シルエット、素材などの組み合わせを調整することで、何気ない着こなしが一気に洗練して見えます。

それと同時に重要なのが小物の組み合わせ。とくにオールインワンコーデはバッグや靴が無難で面白みのないものだと、身につけている人の身長や体型といったスタイルバランスのほうに視線が集中します。

あえて個性が際立つバッグを組み合わせる、ヒールサンダルで高さを挑戦させる、アクセサリーを身につけるなどといったトータルバランスが整ってこそスタイルアップが叶うのでぜひ、洋服以外の小物の合わせにも意識をおいてみてくださいね。

<文&イラスト/角佑宇子>

【角 佑宇子】(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105