6月30日にドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。土屋太鳳と松下洸平がメインキャストを務めたことで大きな注目を集めたが、中でも土屋演じるヒロインの義姉である美保子役・松本若菜の演技が放送されるたびに、毎回SNS上で大きな反響が起こった。

『幸せなら手をたたこう』を歌いながら落ち込む土屋を煽ったり、デューク更家のようなウォーキングをしながら「たけのこニョッキ」ポーズを披露したりなど、ストーリーの内容よりも松本の“怪演”を期待していたファンも多いだろう。それ故に“松本ロス”が懸念されるが、そこは心配ないだろう。

◆『復讐の未亡人』で次なる“松本劇場”が…?
 7月7日の深夜2時35分から放送される『復讐の未亡人』(テレビ東京系)では、松本が主演を務める。引き続き、松本の演技にガッツリ酔いしれることができるのだ。『復讐の未亡人』は漫画原作で、2022年2月にNetfrixで配信開始された話題作『金魚妻』と同じ作者・黒澤Rが手がける。『金魚妻』同様、『復讐の未亡人』も重苦しい雰囲気かつ、激しめの濡れ場も少なくない。『やんごとなき一族』とは違った“松本劇場”が期待できる。

 同作は地上波での放送に先立ち、動画配信サービスParaviやYouTubeなどで先行配信されている。そこで1話を見た感想とともに、『復讐の未亡人』での松本の演技について語りたい。(※編集部注:以下、ネタバレを含みます)

◆1話でいきなりの性行為に度肝を抜かれる
『復讐の未亡人』は松本演じる鈴木美月が、職場で自ら命を絶った夫・優吾の死の真相を探るため、健吾の勤務先に名前を鈴木密と変えて潜入するサスペンスドラマである。ただ、従来のようなじわじわ視聴者の興味を集めるようなサスペンスドラマとは一線を画す。

 結婚式場から始まる1話では、いきなり披露宴会場の巨大モニターに、とある新婦が新郎ではない男性と性行為している動画が流れる、という衝撃的な幕開け。原作では全裸のシーンだが、さすがに地上波ドラマのため胸ポロリはない。しかし、それでもはっきりと体位はわかり、原作の持つエロティックな部分をしっかり表現できている。

 冒頭から早速面食らってしまうが、それ以上に動揺したのが、ボブカットの松本である。『やんごとなき一族』では前髪を基本的には上げており、その喜怒哀楽がよくわかった。ただ、美月は前髪を下ろしており、表情が読み取りにくい。『やんごとなき一族』とのギャップがとても激しく、美月のミステリアスな雰囲気を何倍にも押し上げている。

 もちろん、他の役とのギャップに頼らずとも、美月の“気味悪さ”を引き出す松本の演技力は素晴らしい。美月の闇がいかに深いのか伺わせる言動が随所に垣間見え、その色気や狂気に目が釘付けになる。

◆松本若菜が演じる、艶めかしくも儚い濡れ場
 ちなみに『復讐の未亡人』の一番の注目は濡れ場である。美月は夫を死に追いやった原因の1人であるパワハラ上司・橋本雅也(松尾諭)に復讐するため、あえて橋本に近づき肉体関係を持つ。小太りの中年男性の橋本と妖艶な雰囲気の美月、という正反対な2人の濃厚な絡みは非現実的な設定でありながらも妙なリアリティがあり、不思議な気持ちになる。

 橋本に全身を愛撫されている時の美月の表情は艶めかしい。敵(かたき)役である橋本に求められながらも、夫を想いながら儚い表情を浮かべ、その心境を察するといやらしくも儚くなる。

◆「全てが完璧」なシーンにエロスを感じる
 ちなみに1話の美月に最もエロスを感じたシーンは、精力剤に見せかけた毒を含む錠剤を橋本に飲ませる際、美月が舌に乗せた錠剤をペロッと見せるところである。錠剤が乗っている位置、美月の舌の長さなど、全てが完璧であり、橋本がムラムラする気持ちはよくわかる。

 1話では橋本を病院送りにして、2話目以降も夫を死に追いやった人間を追い詰める展開になるだろう。夫・優吾の死の真相はもちろん、どのように美月が追い詰めるのか、さらには美月がどんな表情を見せるのかにも注目したい、今期最注目のドラマである。

<文/高萩陽平>
【高萩陽平】恋愛系のメディアで多数執筆。10年前からmixiやスカイプちゃんねるなどでネットナンパに没頭。数年前からマッチングアプリに参戦して結果を出し続けている。元アイドル、100キロ越えのふくよかさんなど、多種多様な女性との交際歴を持つ。