夏になると開放的な気分になり、新しい恋愛に胸躍る人も多いはず。青い海や白い砂浜を見るとついつい盛り上がってしまう恋心ですが、夏だからこその思わぬアクシデントにあう人も…。今回は実録シリーズ「夏に起きたトホホなエピソード」から、過去の人気記事を再録します(初公開2017年8月25日、情報は掲載当時のものです)。

=====

 この夏、旅行はされたでしょうか? 友達とのグループ旅行、ひとり旅や家族旅行、それぞれに楽しみがありますが、恋人との旅が最高と思ってらっしゃる方も多いかもしれません。

 ところが、彼氏との旅の思い出は良いものとは限らないようです。

「去年の夏の旅行は“悪夢”のひとこと。『前世での行いがよっぽど悪かったのか?』と思いましたね」と話す早川美沙さん(仮名・34歳・不動産)。

 付き合いだしてまだ3ヶ月の彼氏との初旅行ということで、かなり浮かれ気分で出かけたそうですが……。

◆東北旅行で魚介を食べて腹痛。アニサキス症と診断
「旅のプランは東北のおいしいもの巡り。私が東北に行ったことがなかったので、よく出張で東北に行っている彼におすすめの店に連れて行ってもらうことになったんです。

 初日からさっそく、とある港町の市場近くの食堂で魚介類を堪能。ウニ、カツオ、イカ、サンマ、岩ガキなどなど、彼氏に『食べすぎじゃない?』と心配されるほどあらゆる魚介をたらふく食べました」

 悲劇が幕を開けたのは、その数時間後。突然の腹痛に襲われたのです。

「ホテルに戻った頃から『なんかお腹が苦しいな、食べすぎたかな』と思っていたのですが、シャワーを浴びてまったりとくつろぎだした頃から胃に刺すような痛みを感じはじめて。横になれば治るかと思ったのですが、痛みはどんどん増し、胃を掴まれるような激痛が走るたびに脂汗まで出るようになって。

 私のただならぬ様子に彼氏は『カキにあたったのかも』と慌ててフロントに電話しタクシーを手配してもらい、近場の救急病院に駆け込みました」

 病院での診断は、なんと「アニサキス症」。最近よく話題になっている、胃粘膜に刺入する寄生虫です。

◆点滴でしのぐ間に聞こえた彼氏と看護婦の声
「医師いわくカキは潜伏期間がもっと長いし、食べた物や症状からしてアニサキス症で間違いないだろうと。糸のような幼虫が胃粘膜に潜り込もうとしてるから痛みが起きる……と聞きゾッとしました。しかも、胃カメラでの診察や除去ができる医師は朝まで来ないとのことで、朝まで痛み止めの点滴でしのぐハメに。

 薬の効果が薄れると再びやってくる痛みに朦朧とする中、『サンマが原因じゃない? 美沙がすごい食べてたから俺は一切れしか食べてないもん』という彼氏の声と看護師の笑い声が聞こえ、己の食い意地を呪いました」

 朝になり、胃カメラでの苦しい除去が無事に成功。幸い胃の出血もたいしたことはなく、すぐにホテルに戻ることができたそう。

「その日は食欲もわかず一日ホテルでグッタリしてましたが、せっかくの旅行がこれで終わってしまったら彼氏に申し訳ない。まだ胃に違和感はありましたが、翌日からまた活動再開しました」

◆海水浴場で彼氏のもとへ駆け出したら足首に“バンッ”と衝撃が
 本調子ではない早川さんのためにおいしいもの巡りは中断し、代わりに彼が連れて行ってくれたのは海。想像以上にきれいな日本海の海水浴場に、再び浮かれ気分が戻ってきたとか。

「まだ泳ぐ気力はありませんでしたが、水平線を眺めたり足を海水につけたりするだけでも気持ちよくて。キャッキャと年甲斐もなくはしゃいでしまいました」

 そんな早川さんに、またも恐ろしい出来事が……。

「夕方になり海に沈む夕日を眺めていたのですが、あまりにも美しく感動的で、この感動を分かち合おうとパラソルの下で昼寝中の彼氏のもとへ駆け出したんです。すると、砂に足を取られバランスを崩しかけてしまい、その瞬間足首に“バンッ”と衝撃が走って……。何が起こったのかわからぬまま、その場に崩れ落ちてしまいました」

 異変に気づいてやってきた彼氏に支えてもらうと立って歩くことはできましたが、先ほどの衝撃は尋常ではありません。ジンジンと痛みもあり、またもや近くの救急病院に行くことに。そして診察してもらった結果、今度はなんと「アキレス腱断裂」だったのです。

◆アキレス腱断裂で旅行中断。災難続きでお祓いに
「旅先で2回目の救急病院、そしてシャレにならない事態に、私も彼氏もただただ茫然。淡々とギプスなどの処置を受け、淡々と今後についての指示を仰ぎ、予定を変更して翌日朝早くの新幹線で帰りました。痛みは思ったよりひどくなかったですが、ギプス+松葉杖で旅行続行は難しいですからね……」

 帰京後、自宅近くの病院で手術を受けた早川さん。入院と松葉杖生活で、残りの夏は何も楽しめずに終わったそうです。

「母親には『いい歳して浮かれて食べすぎたり慣れない砂浜で走ったりするからよ!』と呆れられました。ホント、その通りですよね……。友人たちからは『何かにとり憑かれてるんじゃ?』『お祓(はら)いにいったほうがいいよ!』などとさんざん言われ、本気で不安になって護摩祈祷に行きました。そのおかげか、あれからケガなどはしていません」

 ちなみに、夏旅行がお互いにトラウマになってしまったのか、今年は彼からも旅行の話は出ず自分からも旅行の話は持ちかけず、特に思い出のないまま夏が終わってしまいそうとのこと。仕方のないことかもしれません……。

―シリーズ「夏に起きたトホホなエピソード」―

<TEXT/丸本綾乃 イラスト/鈴木詩子>

―夏に起きたトホホなエピソード ―