夏の疲れを一気に癒してくれる存在として、冷凍庫に「アイス」や「ジェラート」を常備している人も多いのではないでしょうか?

 今年の夏はミニオンの新作映画『ミニオンズ フィーバー』が全国公開されていることに連動して、さまざまなコラボフードが登場していますが、その流れはアイスにも。特にミニオン達が大好きな“バナナ”を使ったフレーバーが登場しているので、気になっている人も少なくないのではないでしょうか。

 そこで今回は、ミニオンとのコラボ商品として発売されている“2種のアイス商品”をご紹介。結論から申し上げれば、どちらも心身を甘くしてくれるおいしさなので売り切れ前に食べるべき!ただし同じバナナ味と言っても別世界の味わいだったので、違いも合わせて魅力をお届けしていみたいと思います!

◆コンビニでも購入可能。ゴディバアイスのお味は?
 まず一つ目は、高級チョコレートとして有名なゴディバから期間限定で登場しているカップアイス「チョコレートバナナ」です。

 ちなみにゴディバと言えばベルギーですが、本商品は福島県の松永乳業が製造しています。このアイスは全国のコンビニやスーパーでも購入可能で、価格は1個322円(税込)。

 爽やかな甘さが特徴のバナナピューレ入りアイスクリームに、濃厚なカカオの香りと控えめな苦みが特徴のゴディバのチョコレートソースが混ぜ込まれています。

 フタを開けてみると、渦巻き状にチョコレートソースが入っていて、バナナピューレが練り込まれた黄色いアイスとのコントラストが美しく輝き、見るだけでリッチな気分に浸れてしまいます。

◆バナナ味しっかり!華やかな香りや濃厚さ満点!
 食べてみるとバナナ味がしっかり感じられて、本格的なチョコソースとのバランスもバッチリ。高級アイスクリームに期待される華やかな香りや濃厚さは満点で、リッチな洋菓子を食べているような満足感を味わうことができます。

 ちなみに、ゴディバ限定ショップやオンラインショップでは「保冷バッグ(コンパクトサイズでお弁当やコンビニ用としても便利です)」が付いたセットが販売されていますので、かわいいミニオングッズを探している人にはオススメです。

◆ドイツ直輸入オーガニックアイス「ダスアイス」
 二つ目は、イオンのグループであるビオセボン(フランスのオーガニックスーパーブランド)やピカール(フランスの冷凍食品専門店)から発売されている「ダスアイス ミニオン」シリーズの「バナナスプリット」です。

 ダスアイスはドイツ初のオーガニックアイスクリームメーカーで、2020年にはアイスクリームオブザイヤーに輝くなど注目されている存在。

 私自身オーガニックアイスは他ブランドでも食べたことがあり、食材へのこだわりが消費者の安心や信頼につながることは想像できますが、やっぱり味も重要です。さてさてどんな感じなのでしょうか……。

◆爽やかなくちどけ感とヘルシーさが魅力!
 フタを開いてみると、ゴディバよりもアイス部分が白く、チョコチップが品よく練り込まれています。
食べてみると、ゴディバとの違いは明確。アイス部分がとっても軽やか。バナナ味でありながらもこってり甘い重さはなく、爽やかなくちどけ感が印象的でした。

 これはアイスクリームというよりバナナジェラート的な味わい。カロリーも控えめで100mlあたり119kcalとなっています(ゴディバは90mlで183kcal)。バナナアイスをヘルシーに味わいたい人にはオススメでしょう。

 まとめると、汗をかいたご褒美おやつにはゴディバ、日常的に味わうヘルシージェラートとしてはダスアイスだと思います。シーンに分けてバナナアイスを楽しめると最高ですね!

<文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>
【スギアカツキ】食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12