星座、四柱推命、手相。世の中には数多の占いがあって、私達の行く末を照らしてくれます。でも、人生が占いに支配されてしまったら?

 『占いにすがる私は間違っていますか?』(KADOKAWA)福々 ちえ (著)

思い込みが、不幸の連鎖を招く

『占いにすがる私は間違っていますか?』(福々ちえ KADOKAWA)は、占いの沼にはまった女性達の物語。

家族の幸せを願う梅子、幸せな結婚を夢見るあかね。親友同士のふたりは、お互いけなげに努力しているのに、運命は、からまわりするばかり。いつしか自分を見失っていくのです。

占い1 占い2

占い3 占い4

占い5 占い6

占い7 占い8

占い9 占い10

占い11 占い12

占い13 占い14

占い15 占い16

占い17

私のせいで母が死んだ

おっとりしていてやさしい梅子は、夫と子供ふたりの4人暮らし。梅子は母が大好きで、自分も母のようになりたいと思っていました。

その最愛の母が倒れ、梅子が帰省した時には、もう天に召されていたのです。「わたしがもっと早く着いていたら」という後悔の念に、梅子は苛(さいな)まれ続けます。

不幸の連鎖を避けるために、梅子がのめり込んだのが風水でした。

つらさから逃れるように風水に依存

毎日はさまざまな選択でできていて、人は誰しも、選ばなかった選択肢のほうに重きを置いてしまうもの。もし、違う選択をしたとしても、それが正しい道なのか神様にもわからないかもしれないのです。

でも、私達は選ばなかった自分を責めて、つらさから逃れるように、何かに依存していくのでしょう。

これ以上家族を不幸にしたくない、と梅子は苦悩し、風水に家族の幸せを託そうとします。まるで自身の本心を掻(か)き消すように、風水に金銭を次ぎ込むのです。

 写真はイメージ(以下同じ)

頑張っているのに報われない

一方、努力家でしっかり者のあかねは、幼い頃から不遇でした。母親からのモラハラと金銭搾取を乗り越え、看護師として独立。親友の梅子を頼りないと危惧しながら、恵まれた環境にいる梅子を羨(うらや)んでいました。

ずっと孤独だったあかねは、ある日、街頭で占い師に声をかけられます。占い師からのアドバイスが核心をつき、じょじょに占いへ傾倒していくのです。

占いに八つ当たり

やがて結婚間近と期待していた医師の彼から一方的に別れを告げられ、今度は占いに八つ当たりするように。

親ガチャという言葉があるように、親も境遇も子供は選べません。しかし成長してからの人生は、多かれ少なかれ自分で選べるはずです。

占いが当たったら、自分の幸せとして享受し、占いがはずれ、不幸に見舞われたら占いのせいにする。もともと占いを選んだのは、梅子やあかね自身だったにもかかわらず、都合ばかりを占いに押し付けてしまうのはなぜなのでしょうか。



心の叫びを無視しないで

占い占いにハマるきっかけは、失恋や失業、近しい人の死など、ふいに訪れる不幸ではないでしょうか。

「どうして私だけ?これ以上の不幸はいや、幸せになりたい!」

純粋な願望から占いに走り、少しでも運気が好転するようアドバイスをもらいます。でも、ふいに訪れた不幸がもたらした、あなたの心はどんな具合かわかりますか。

苦しい、悲しい、つらい。そんな感情に満ちた心と向き合いたくなくて、誰かに幸せを指南してほしくなる。

でもちょっと待って。まずは心の叫びから逃げずに、心をきちんと抱きしめてあげましょう。苦しさや悲しさやつらさを認めてあげないと、あなた自身の幸せにたどりつけないのです。

占いが人生を左右するのではない

もちろん、占いは悪ではありません。幸せの手助けをしてくれるには違いないのです。「自分の本当の悩みに気づくと、悩みは霧散する」とは、本書の巻末にある占い師の弁です。

占いが人生を左右するのではなく、占いを参考にあなた自身が運命を切り開いていく。そんな強いメッセージが本書には込められているのです。

<文/森美樹>

【森美樹】
1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)、『母親病』(新潮社)、『神様たち』(光文社)を上梓。Twitter:@morimikixxx