このうだるような暑さ、喉が渇いたら即飲み物をゲットしたいと、普段より自動販売機を利用することが増えました。

 キンキンに冷えていたり、思ったより特別価格でお安くなっていたり…。さらに、自販機限定のドリンクまであるんですよ!

 このジュースにこんな限定味が自販機で販売しているという情報をまとめてみました。

◆ファンタ キウイ味

 見たことのないグリーンのファンタ缶で、最初はキウイと気づかず、ためらっておりました。2回目にこの種類の入っている自販機と巡り会って、意を決して購入。

 ファンタのマークのせいもあり、青リンゴと思っていたものの香りからキウイ! 喉が渇いていたのと、通常より炭酸が弱めのように感じたので、ゴクゴク飲めました。

 ただ、キウイ成分は当然どこにも入っておらず、一瞬のキウイ感にまどわされましたが、「甘いジュースを飲んだ」という後悔は否めません。お好きな方にはいいかもしれません。

◆スコール マンゴー味

 たまに飲みたくなる、いい具合の炭酸&乳酸菌のスコール。マンゴー味って、絶対はずさないに決まっている! と踏んで、率先して購入しました。

 予想以上に美味い! マンゴー(風味)は、しっかり味が濃く出ており、スコールの爽やかさとマッチして、ただ甘ったるいだけではありません。

 濃厚なので、「喉がかわいた時」というより、「小腹が減った時」の糖分注入にちょうどよさげです。定番化して欲しいぐらいのおやつ感あるジュースです。

◆ミニッツメイド 大人のりんご

 ミニッツメイドと言えば、100パーセントジュースですが、こちらは何が大人かと言うと、ちょっぴりシュワシュワが楽しめるのです。

 ミニッツメイドのフルーツジュースはテッパンですけど、微炭酸が、なんとなくシードルを飲んでる気分に浸れます。もちろん、アルコール抜きですが。

 夕方ぐらいに、お酒代わりに一本いっとく飲み方がオススメです。

◆天然水 朝摘みグレープ味

 個人的には、水に味がついたパターンは苦手ですが、限定なので試してみました。案の定、甘ったるくて私は苦手な感じでした。

 ただ、グレープ風味が思ったより効いているので、「水じゃ味気ない」と思う方にはぴったりかもしれません。「ぶどう水」って書いてみると、なんとなく西洋の童話の世界の飲み物みたいでファンシーな気分になれますしね。

 ほかにも、シリーズじゃないにせよ、ポップメロンソーダが売っていたり、自販機限定のデカサイズが売っていたりと、日常あまり見かけないものもちらほら。

 そんな中気になったのが、コンビニでは見かけない「ビアードパパ」のシュークリーム味のジュースです。

 シュークリームやカスタードクリームというより、昔懐かしい、ミルクセーキを今風にスッキリ飲める感じの逸品でした。甘いけど、クリームを飲む感じではないので、意外と一気飲みできました。ホットで飲むと幸せな味かもしれません。

 近年、気がつくと、自動販売機でジュースを買うことってめっきり減って、私の場合、飲み物は常にペットボトルのお茶をコンビニで買う程度です。しかし、たまには自販機を利用してみると、意外な発見があるかもしれませんよ!

<TEXT/タケダマコ>