マズイのは、本末転倒。

 カラダに良い食べ物として各方面の専門家から太鼓判を押されている「ハイカカオチョコレート」。

 カカオに含まれる“ポリフェノール”が高い抗酸化作用を持つため、なるべく高配合のものを選んで食べたいところですが、「食べたらマズかった!」という体験をしたことはありませんか?

 そうです、ハイカカオになるほど苦味や雑味が増えて、食べにくくなるというのが弱点。しかし、マズイものを長く食べ続けるというのは楽しくありませんから、ここはがんばって、おいしいハイカカオチョコをさがそうじゃありませんか!

 そうです今回は、数多くのハイカカオチョコを実食!『本当においしいハイカカオチョコレート』を7つに厳選して紹介したいと思います。

◆コンビニやカルディで手軽に買えるのも嬉しい

(1)カルディオリジナル フェアトレードチョコレート
→シンプルなのにおいしい! 安い!

 最もシンプルなハイカカオチョコに「おいしさ」と「手頃さ」が必要なら、カルディオリジナルのダークチョコレートがオススメ。

 コチラのチョコは、ガーナ・クワベナアクア村のフェアトレードカカオ豆を使用。余分な油脂分を加えず、ココアバターだけを使ったカカオ分70%・80%のチョコレートです。

 ハイカカオチョコは70パーセント以上を超えると、“おいしくない度”が強くなってしまいがちですが、コレは80%でも本当に美味。1枚185円(税込)というリーズナブルさも魅力です。

(2)シモンコール ダークチョコレートカカオニブ
→リフレッシュ時にはミントよりコレ! 超小粒のハイカカオチョコ

 コチラは、ちょっと珍しい超小粒タイプのハイカカオチョコ。

 スーパーフードとして人気の「カカオニブ(カカオ豆の殻を除いてフレーク状にしたもの)」に70%カカオ分のダークチョコをコーティングした粒状のチョコレート。おしゃれな缶に入っていて持ち歩きしやすいため、ミントタブレットを食べる感覚でハイカカオを摂取できます。

(3)ルック・カレ カカオ70+キヌア(不二家)
→キヌア! ブルーベリー! 美容意識も高まるかわいい系

 コチラは、女子心をぐっとつかむお洒落チョコレート。ダイエット食材として人気を博している「キヌア」と美容果物の「ブルーベリー」が練りこまれていて、ほろ苦さの中に香ばしさとフルーツ感を楽しめるデザート感覚のアイテムです。

(4)カカオ80%チョコレート アサイー&ブルーベリー
→ハイカカオにもっと美容成分を! 欲張り女子の心を満たす美容チョコ

 コチラは、おいしさと高級感を両立させ、働く女性のキレイになりたい願望に応えるべく開発されたデザート感覚のハイカカオチョコ。

 美容食材「アサイー」をブルーベリーと一緒にゼリー状にし、80%カカオチョコレートでコーティングしています。ゼリーとチョコのバランスが絶妙で、マズイという印象は一切ありません。

(5)明治 ザ・チョコレート 深遠なる旨味抹茶
→抹茶味なのにちょっぴりハイカカオ! ユニークさナンバーワンの美味チョコ

 毎日ハイカカオチョコばかり食べていると、やっぱり飽きてしまうもの。そんな時のブレイクスルー的な存在、明治の本格チョコシリーズ「meiji THE Chocolate」の抹茶バージョンです。

 カカオ率は58%と他から比べると低めですが、人によっては十分な配合率とも考えられます。ダークチョコの生地に抹茶を練り込んだテイストは、一度ハマると病みつきになるかもしれません。

(6)カーギ ダーク60%
→海外チョコらしい濃厚さと食べ応え! チョコバーで満足したい人に!

 たまにはガッツリチョコを食べたい! でもできるだけハイカカオで!という人にオススメなのが、スイスのチョコウエハース「カーギ」のダークバージョン。

 ウエハースのサクサク感とチョコの口どけが絶妙で、ファンも少なくないはず。成城石井などで購入することができます。

(7)グランドベルジャン スティックチョコ ダーク70%
→大人の本格チョコをスタイリッシュに楽しむならコレ!

 最後にご紹介するのは、ベルギーのチョコレートメーカーが作る小枝チョコレート。

 見るからにお洒落な存在感は、ワインと一緒にゆっくり楽しむなど、しっとり大人時間も堪能できる逸品です。ハイカカオのおいしさを追及して行き着くのはコレ! と思ったほど、無駄のない貫禄のおいしさでした!

 どれも、安いのにかなりの実力派。ぜひ色々試してみてください。

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>
【スギ アカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。@akatsukinohana