【ラクうま美人ごはん vol.31】

 ブームだけじゃ、もったいない!

「美容オイル」の先駆けとして、一時期大ブームとなった「ココナッツオイル」。最近、その勢いは落ち着き、限られたヘルスコンシャスな人達だけが使う存在になりつつあります。でもこれって、実はもったいない話! ココナッツオイルに含まれる「中鎖脂肪酸」は、他オイルに比べて燃焼しやすい(=体脂肪として溜まりにくい)性質を持つため、上手に使えばダイエットにも役立つはずなんです。

 そこで今回は、「面倒くさくないココナッツオイルの活用術」をご紹介。ココナッツオイル専門店「ココウェル」に話を聞き、初心者でも取り入れやすいアイテム・使い方を教えてもらいました。

◆瓶入りだけじゃなかった! 都合の良過ぎる4アイテムを発見!

 ココナッツオイルと言えば、大きなビン。かたいフタを空けると白く固まったアブラ。けずって使うの? 溶かして使うの? あー面倒!!! しかもココナッツ独特の香りって、料理に使いづらいし…。こんな悩み、一度買ってみた人なら感じたことはあるでしょう。

 しかし最近では、こんな悩みをすっきり解消してくれる便利なアイテムが登場しているんです。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=847264

(1)リキッドタイプ:固まらない液体。ココナッツ香は控えめ。パック入り。(中鎖脂肪酸93%)
(2)無臭タイプ:ココナッツ臭はゼロ! ビンではなくパック(中鎖脂肪酸61%)
(3)マヨネーズ:ココナッツオイルで作ったマヨ。(中鎖脂肪酸68%)
(4)ココナッツファイバー:オイル等を絞った後の果肉をパウダー状にしたもの。食物繊維が豊富。

 それでは実際に、個々のアイテムの活用法をご案内。意外にもカンタン、驚くほどおいしくてびっくりするはずです。

◆便利タイプはこう使え! そのコツとは?

(1)リキッドタイプ→サラダの“ドレッシング”として大活躍!

 サラダを食べる時にいつも使っているドレッシングをやめてみると、サラダ油⇒ココナッツオイルの代替が実現します。しかもドレッシングなんていちいち作らなくてもOK。例えば、ココナッツオイルとポン酢を回しかけて混ぜてみて。そのおいしさに驚きます。ココナッツの香りは、葉物野菜の他、アボカド、ナッツ、エビとの相性はバツグンですから、まずは「サラダで大活躍」と覚えましょう。

(2)無臭タイプ→“炒め油”として気軽に使う!

 ココナッツの香りがなくなると、とたんに使いやすくなりますよね。香りがなくなったとはいえ、油の旨味はしっかり残っていますから、炒め物などの基本料理の中で気軽に使うのが、最も取り入れやすいはず。例えば野菜炒めで使ってみると、ベタベタ感のない仕上がりに。また、固まったオイルは手の温度でやわらかくなりますから、ビンタイプにくらべて使いやすさも向上しています。

(3)マヨネーズ→いつものマヨネーズの“代替”として活躍させる!

 通常のマヨネーズに使われている油は、大豆油や菜種油などですが、これをココナッツオイルに置き換えられたら、嬉しい人も少なくないはず。しかもココナッツフレーバーがほのかに効いていて、リッチなマヨネーズを食べている感覚です。まずは「ゆでたまご」でお試しすると、違いがわかりやすいはず。

(4)ココナッツファイバー→“小麦粉の代わり”に使って糖質オフ&グルテンフリーに!

 海外では「ココナッツフラワー」と呼ばれることもあり、小麦粉の代替として利用されることもあるそうです。例えば、サーモンなどの魚切り身に塩コショウをふり、ココナッツパウダーをまぶして焼くと、華やかなムニエルに。このパウダー、4割以上が食物繊維で、低糖質、グルテンフリーなため、ダイエット対策としても好都合です。

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>
【スギ アカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。@akatsukinohana