レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、メルセデスのルイス・ハミルトンをオーバーテイクし、ブラジルGPの決勝レースをリード。勝利をほぼ手中にしたかと思われた。しかし周回遅れのエステバン・オコン(フォースインディア)がフェルスタッペンにオーバーテイクを仕掛け、その結果両者はターン2で接触。この事故によりフェルスタッペンはスピンを喫し、ハミルトンに首位を明け渡すことになった。

 フェルスタッペンはマシンにダメージを負ったものの、ハミルトンを猛追。しかし、最後まで追いつくことができず、勝利を逃すこととなった。オコンはこの事故の責任を問われ、10秒のストップ&ゴーペナルティが科せられた。

 レース後、フェルスタッペンは計量室でオコンに抗議。胸ぐらを突き飛ばすシーンがあった。

「僕らは素晴らしいクルマを持っていた。でも、ああいう馬鹿げたヤツのせいで、僕はコース外に押し出された。彼は周回遅れだったのに。言葉も出ないよ」

 フェルスタッペンはレース後にそう語った。

 フィニッシュ後のスローダウンラップでフェルスタッペンは、チーム無線でオコンと鉢合わせしない方が良いと話していた。しかし、実際に体重測定の場で会ってしまい、オコンに抗議。胸ぐらを突き飛ばした。

「考えていたよりも良かったと思う」

 レースについてフェルスタッペンはそう語った。

「今日のマシンは素晴らしかった。チームは僕に正しい戦略を与えてくれた。スーパーソフトタイヤで、かなりうまく走ることができたんだ」

「何を言うべきかは分からない。2番手に満足している。でも、勝つべきだった」