今年は有力ドライバーが多数参戦し毎回激戦となっているポルシェ カレラ カップ ジャパン(PCCJ)。鈴鹿サーキットで行われた第5戦、第6戦で2連勝を飾った笹原右京(Porsche Japan Junior Programme)は、今後につながるヒントが見つかったと語った。

 昨年までフォーミュラカーのカテゴリーを中心に戦っていた笹原だが、今年はPCCJに戦いの場を移し、日々奮闘している。岡山国際サーキットで行われた第1戦で2位表彰台を獲得すると、続く第2戦で初優勝を飾った。

 笹原は幸先の良いスタートを切ったかに思われたが、ゴールデンウィークに富士スピードウェイで行われた第2ラウンドではトラブルにより十分な走り込みができなかったことが影響し第3戦が4位、第4戦が3位と不本意な結果に終わってしまった。

 そこでの教訓を活かし、鈴鹿ラウンドの前にはトラブルの再発防止のために、チームがしっかりと対策を施したこともあり、2レースとも予選でポールポジションを獲得。決勝では他を圧倒する走りを披露した。

 特に決勝レースでは、2レースとも1周目から後続を一気に突き放す走りをみせるなど、今までの笹原にはあまり見られなかった“力強いレース運び”が存分に発揮された週末だった。

「練習走行からずっとトップをキープして、予選でもほぼ想定していたタイムを出せて、コースレコードも更新できました。今週は本当にパーフェクトと言っていい内容だったと思います」

「前回(第3戦、第4戦)の富士はトラブルで流れが全て崩れてしまいました。ただ、その中でも得られたヒントがあって、それをチームとともに必死に話し合って、対策したことが鈴鹿ラウンドで活かされました」

「またクルマ側でもトラブルを出さないようにするなど、みんなで一度話し合ってやったことが、鈴鹿ラウンドでの良い流れを作ることができました。予選・決勝ともに何も不安なことはなかったです」

 そう語った笹原。とにかく“最速”にこだわり続け、その中で掴み取った2戦連続ポール・トゥ・ウィンだった。それだけに第6戦終了後は達成感に満ちた表情をしていたのが印象的だった。

「実は鈴鹿で勝つのが初めてなんです。鈴鹿は当然マシンの差も出やすいですけど、ドライバーとしての見せ場も発揮できるコースです」

「さらに今回はPCCAと併催でしたけど、自分がここにいる中で一番速いということを証明したいという想いがありました。予選でも決勝でのラップタイムも全てにおいて速かったので、PCCAも圧倒できたかなと思っています。そういう部分では満足できた週末でした」

 そして、今回の鈴鹿ラウンドで今後につながるマシンのセッティングなど様々なヒントが見つかったとのこと。6月15日、16日に富士スピードウェイで行われる第7戦、第8戦に向けても非常に楽しみだと語りつつも、シリーズチャンピオン獲得に向けて、さらに気を引き締めていた。

「前回は悪い流れで終わってしまった富士なんですけど、鈴鹿ラウンドでクルマのセットアップに関して今後につながるヒントが見つかりました。早く富士ラウンドでこのセットを試してみたいです」

「ここから先まだまだラウンドは続きますし、どこかで0ポイントになることはやりたくないので、ひとつずつ確実に戦っていきたいです。鈴鹿では良い流れで終わることができましたが、これで抜かることなく、しっかりと前を向いていきたいと思います」