株式会社日本レースプロモーションが、現在JAFに申請中の2020年スケジュールを公開。富士スピードウェイが開幕戦の舞台となる予定で調整が進められている。

 今年同様に全7戦を予定しているが、これまでとは大きく異なり4月4日・5日に富士スピードウェイで開幕戦を迎えることだ。

 これは来年開催される東京オリンピック/パラリンピックの自転車競技のゴール会場として富士スピードウェイが使用され、その準備の関係で例年のように7月開催が不可能な状況とのこと。そのため、4月初旬に開催時期が移されることとなった。

 また第4戦SUGO(6月20日・21日)から第5戦もてぎ(8月29日、30日)に関しては約2ヶ月のインターバルが発生する。これについては東京五輪開催期間中は特に関東エリアの中心に様々な環境の変化が予想され、それに対応したとのこと。

 2021年以降に関しては、通常通りコンスタントにレースを開催できるようカレンダーを再調整していくという。

 なお、今回公開されたスケジュールは現在JAFに申請中のもので、正式版が後日JAFから発表される予定だ。

【2020年スーパーフォーミュラ開催スケジュール(JAF申請中)】
第1戦:4月4日(土)〜4月5日(日)/富士スピードウェイ
第2戦:4月25日(土)〜4月26日(日)/鈴鹿サーキット
第3戦:5月16日(土)〜5月17日(日)/オートポリス
第4戦:6月20日(土)〜6月21日(日)/スポーツランドSUGO
第5戦:8月29日(土)〜8月30日(日)/ツインリンクもてぎ
第6戦:9月26日(土)〜9月27日(日)/岡山国際サーキット
第7戦:10月31日(土)〜11月1日(日)/鈴鹿サーキット