世界最高峰のバスケットボールリーグ、NBAで活躍したスター選手、コービー・ブライアントが1月27日(現地時間1月26日)、ヘリコプター事故により急逝した。41歳の若さだった。

 コービーは1996年のドラフトでロサンゼルス・レイカーズに加入すると、2016年までレイカーズ一筋でプレー。チームを5度のNBAチャンピオンに導き、オールスターにも史上最多の18度選出された大スターの突然の死に、モータースポーツ界からも悲しみの声が多く聞かれた。

 そんな彼は引退後の2016年7月、イタリア・マラネロにあるフェラーリのファクトリーを訪問した。アメリカ出身のコービーだが、幼少期をイタリアで過ごしており、大のフェラーリファン。マラネロではいくつかの車をドライブし、最後はエンツォ・フェラーリが執務室として使用していた『エンツォの家』の前で、フェラーリ・カリフォルニアTとフェラーリ・488GTBと共に記念撮影を行なっていた。

 彼のご冥福を心よりお祈り致します。