2014年から6年連続でF1のダブルタイトルを獲得しているメルセデス。彼らは2020年から、大手化学企業のINEOSとパートナーシップ契約を結ぶことを2月10日に発表した。

 メルセデスとINEOSの関係は、昨年12月からスタート。INEOSがメインスポンサーを務める自転車競技チーム『チーム・イネオス』とメルセデスがパフォーマンスパートナーシップを締結したのだ。

 メルセデスは、2月10日にロンドンの王立自動車クラブで行なわれたイベントの中で、INEOSとの契約を2024年まで延長し、チームの主要なパートナーとなることを明らかにした。ワークス活動撤退の噂が付きまとっていたメルセデスにとって、この契約が意味するものは大きいはずだ。

 なおINEOSの契約は、メルセデスの現在のタイトルスポンサーであるペトロナスと同等な価値があるとされている。INEOSのオーナーは、イギリスで最も裕福な男性のひとりであるジム・ラトクリフ卿だ。

 このイベントをストリーミング配信するメルセデスは、イベント中に2020年のF1マシンカラーリングを公開すると発表。ツイッターで先行公開された画像では、インダクションボックスがピンク色に彩られていることが確認でき、INEOSとの契約更新によりカラーリングが大幅に変更される可能性もある。