F1オーストラリアGPでは、開幕直前にマクラーレンのチームスタッフが新型コロナウイルスに感染したことが判明。チームはグランプリの棄権を決定し、結果的にF1自体も中止という判断が下された。

 その後、感染が確認されたチームスタッフと濃厚接触があった14人のスタッフは隔離措置を受け、ウイルスに感染していないかどうかを確認されることになった。

 保健当局はそのうち7名のスタッフに対し、症状が新型コロナウイルスによるものなのかを確認するための検査を要請した。しかし、その検査の結果は陰性だったことが分かった。

 18日(水)にチームが出した声明には次のように記されている。

「全員が元気であり、経過は良好だ。当初検査で陽性とされたチームメンバーのひとりだが、今は症状もなくなっている」

「総計で16名のチームメンバーが隔離を受けたが、うち14名は陽性だったスタッフと濃厚接触があった者で、もうひとりは週末を越えて症状を示したメンバーだ」

 そして前述の通り、疑いが持たれるスタッフには検査が行なわれたが、結果は陰性だった。しかし彼らは帰国が許可されるまでもう1週間隔離措置が続くことになるという。

 なおマクラーレンはレーシングディレクターのアンドレア・ステラを含む上級スタッフが、隔離措置を受けるメンバーを支えるためにオーストラリアに留まっている。

 またmotorsport.comの調べによると、12日(木)に新型コロナウイルスと見られる症状が報告されたフォトグラファーについても、問題なしとの判断が与えられたことが分かっている。