新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、F1は今季前半の8レースの開催を延期または中止することを発表した。これにより、現時点での開幕戦は、6月14日に決勝レースが予定されているカナダGPということになっている。

 ただこのカナダGPも、現在の予定通り開催できるかどうかは不透明な状況。新型コロナウイルスの感染は今も広がっており、夏までにレースを開催できるかも疑わしい。そんな状況にもかかわらず、F1のCEOであるチェイス・キャリーは、今季最大で18レースを開催できると信じていると語っている。

 しかし、F1の前CEOであるバーニー・エクレストンは、自身がまだF1に影響力を持っていたのであれば、安全上の理由から、2020年シーズン全体の中止を決めただろうと語る。

「この段階でどうするべきか? 私は、今年のレースの話はやめようと言わなければならないだろうと思う」

 エクレストンはロイター通信にそう語った。

「それが皆さんの安全のためにできる、唯一のことなのだ。だから、起こり得ないかもしれない愚かな準備を始めないだろう」

 この新型コロナウイルスの影響で、今年予定されていた東京オリンピックやUEFA EURO 2020(サッカー)などは、軒並み来年への延期が決定されている。エクレストンはこれについては避けられないことだったと語る。

「実に不運なことではあるが、それはそうすべきことだった」

 キャリーCEOが言う15〜18戦を本当に実現できたのなら、非常に驚くともエクレストンは語っている。

「もし彼らが、それをなんとか成し遂げることができたのなら、私は非常に、非常に、非常に驚かされることだろう」

「彼らがそれを実現できることを願っている。本当にそう願っているよ。2021年の初頭に3つか4つのレースを行ない、それを2020年のチャンピオンシップだと言うこともできるのだからね」

「問題は、チームが参加できる場所、プロモーターがレースを開催したいと思う時期に、どうカレンダーを設定するかということだ」

「開催カレンダーを組み立てるのは、とても良いことだ。それが、この待っている間にできることである。その最大の問題は、レースを実施したいと思うプロモーターを獲得することだ」